トラベル英会話/トラベル英会話アーカイブ

ゴルフで役立つ英会話……海外でもゴルフを楽しむ!

海外でゴルフをやってみたいという人も多いのではないでしょうか。今回は、ゴルフに必要な英語をご紹介いたします。日本でやるのとルールはほとんど変わりませんが、言葉の違いに戸惑う人もいるかもしれません。ゴルフに役立つ英会話を覚えておきましょう!

足立 恵子

執筆者:足立 恵子

トラベル英会話ガイド

ゴルフで役立つ英会話!

ゴルフで役立つ英会話

雄大な景観も海外ゴルフの魅力

今回は、ゴルフをするときに役立つ英語をご紹介します。
 
<目次>
 

「ティータイム」は始まりの時間

まず、「ゴルフ場」はgolf courseでOK、メンバーではなくても誰でも利用できるところは、一般にpublic golf courseと言います。

海外でプレーするときも、やっぱり予約は必要です。「スタート時間」はtee time と言うので、「スタート時間を予約したいんです」は、こうお願いします。

I'd like to book a tee time.
(アイドライクトゥブクァティータイム)

このteeはもちろんtea(紅茶)ではなく、ゴルフの「ティー」のことですね。bookはmake a reservationと同じ「予約する」です。なお、ゴルフでは人数を-someと数えるので、「2人です」はTwo people.ではなくTwosome.と言います。

プレー料金はgreen feeと言い、料金の尋ね方はこうなります。

How much is the green fee?
(ハウマチィザグリーンフィー/プレー料金はいくらですか)

海外では、一般の人がプレーするときにcaddy(キャディ)さんがつくことは、あまりありません。その代わりcart(カート)を使うことが多いので、cart fee(カート料金)を尋ねるのを忘れずに! それも、electric cart(電動カート)とpull cart(手押しカート)の2種類あったりします。

ゴルフ場に着いたら、pro shop(プロショップ)と呼ばれるところで受付します。「練習」のことはpracticeというので、本番前にちょっと練習してみたい、というときは、こんなふうに聞いてみましょう。

I'd like to do some practice.
(アイドライクトゥドゥサムプラクティス/練習したいのですが)
 

「ナイス・ショット」は和製英語

道具の名称はほぼ日本語と同じなので、ご安心を

道具の名称はほぼ日本語と同じなので、ご安心を

海外でゴルフ場に行った場合、hole(ホール)、fairway(フェアウェイ)、bunker(バンカー)、green(グリーン)といった言い方は同じなので、基本的なところで困ることはないでしょう。ただし、打つときやボールの位置を説明する言い方には、少々注意が必要です。

hit hard/soft
(ヒトハード/ソフト/強く/弱く打つ)
make an air shot
(メイカンエアシャト/空振りする)
over-run the green
(オウヴァランザグリーン/グリーンをオーバーする)
clear the water
(クリアザウォーター/池を越える)
get in the cup
(ゲティンザカプ/カップに入る)

さらに、日本人にとって恐らく一番大変なのが、一緒にコースを回る人と言葉を交わす場面。現地の人と一緒のグループになることが多いのですが、軽いあいさつくらいは交わしたいものです。

Nice weather.
(ナイスウェザー/いい天気ですね)

It's a good day to play golf.
(イツグデイトゥプレイゴルフ/ゴルフをするにはいい日ですね)

「私は日本から来た観光客です」とか「下手ですみません」などといちいち説明する必要はありません。最初は差しさわりのないあいさつ程度のやりとりをして、話しやすそうだな、と思ったらWe're from Japan. Do you live near here?(私たちは日本から来たんです。お近くにお住まいなんですか)というくらいは聞いてみてもいいでしょう。

また、コース上で相手のプレーをほめたり励ましたりするのは、とても大事。ちょっとしたひとことで、気持ち良くコースを回ることができます。例えば、こんな表現を覚えておくといいでしょう。

Good shot!
(グドシャト/ナイスショット!)
Nice try!
(ナイストライ/惜しい!)
It's on/in!
(イツオン/イン/乗りました/入りましたね!)
Perfect!
(パーフェクト/カンペキ!)

Nice shot!は和製英語なので、要注意です。Nice try.は「(失敗はしたけど)よくチャレンジしたね」というニュアンスで「惜しい」という意味になります。ちなみに「ボールが行くから危ない!」というときに使う「フォア!」は、英語でもそのままFore!と言います(イギリスの古い軍隊用語から来ているようです)。

自分がほめられたときは、Thank you.と答えておけばいいのですが、英語にもちょっと謙遜する、こんな言い方があります。

It's a fluke.
(イツァフルーク/まぐれですよ)

そして最後はこんなふうに言えば、楽しくプレーを終えることができそうですね。

We had a great time today. Thank you.
(ウィハダグレイタイイムトゥデイ。サンキュー/今日は楽しかったです。ありがとう)

【関連記事】
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で英会話関連の書籍を見るAmazon で英会話関連の書籍を見る
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます