燃料サーチャージを英語でどう表現する?航空券に使える英会話

海外の空港でも、実は税金を取られています


「燃油サーチャージ」は英語ではfuel surcharge。fuelは「燃料」、surchargeは「追加料金」のことです。

インターネットで海外の航空券を買うときに、こんな表現を覚えておくと便利ですね。今回は、航空券にまつわる言い方を見ていってみましょう。
 

燃料サーチャージや出国税など……TAX(税)にもいろいろ

まず、「燃油サーチャージが上がった」「下がった」という言い方ですが、「上がる」はincrease、「下がる」はdecreaseを使います。

The fuel surcharge increased again.
(ザフューアルサーチャージインクリーストアゲイン/燃油サーチャージがまた上がったよ)

When will it decrease?
(ウェンウィルィトディクリース/いつ下がるんだろう?)

なお、航空券に可算されているのは、燃油サーチャージだけではありません。近年のテロ対策で航空会社の保険料が高騰しているため、「航空保険料」aviation insuranceというものが取られていますが、これは国際線長距離でも数百円という単位だったりするので、あまり目立ちません。

案外気づかないのが、「出国税」departure taxとか「空港税」airport taxと呼ばれるもの。これは海外の出発空港から取られる料金で、海外で国内線を利用する際も1000円くらい取られることがあります。air fare(航空運賃)にこれら「燃油サーチャージ」fuel surchargeと「航空保険料」aviation insurance、「出国税」departure taxを足したものが、実際に航空券を買うときに必要なお金で、例えばインターネットで「片道100USドル(1万500円くらい)」という航空券を見つけ、「これは安い!」と思って買おうとしたら、税を合わせると1万5000円くらいになっていた……なんていうことも起こり得るのです。

それでは海外の航空会社にメールで質問を送ったり、現地のカウンターで問い合わせたりするときは、どんなふうに聞けばいいのでしょうか。
 

航空券を買う際に限らず、料金の変化に要注意!

航空券の料金変化には注意が必要

航空券の料金変化には注意が必要


さて、航空券に限らず、海外で旅行に申し込んだりしたときは、必ずこういうふうに確認しておきたいものです。

Does it include tax?
(ダズィトインクルードタクス/税込みですか?)

実は、燃油サーチャージの怖いところは、値段がそのときによって変わってしまうこと。先月まで10ドル(1050円)だったのに、今月になったら15ドル(1575円)になっていた、なんていうことも! そこで、どの航空券を買うか検討しているときは、こんなふうに聞いてみます。

Is that price fixed?
(イズザトプライスフィクスト/それは固定料金ですか)

Won't it increase?
(ウォントイトインクリース/(料金は)上がらないですよね?)

なお、最近はリコンファーム不要の航空券が増えていますが、念のためこういうふうに聞いておくといいですね。

Do I need to reconfirm my flight?
(ドゥアイニートゥリコンファーマイフライト/リコンファームは必要でしょうか?)

さらに、自分でリコンファームしなければならない場合に備えて、こういった言い方を覚えておくようにしましょう。

I'd like to reconfirm my flight.
(アイドライクトゥリコンファーマイフライト/リコンファームしたいのですが)

The departure date is ~
(ザディパーチャーデイティズ~/出発日は~です)

My flight number is ~
(マイフライトナンバーイズ~/便名は~です)

リコンファームのときに言うべきことはこれと自分の名前だけなので、例え相手の人が言っていることが聞き取れなくても、必要なことさえ言ってしまえば、あとは何とかなります。

完全Eチケット化とか燃油サーチャージとか、航空券の世界にもいろいろ新しいことが起こっていますね。ぜひ必要な英語をチェックして、航空券を賢く使ってください!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。