アメリカからやってきた倉庫型店舗「コストコ(COSTCO)幕張」へ行ってきました。売場にはまさに倉庫さながらに商品の箱が詰まれ、お客さんたちはテレビでしか見たことのないような巨大なショッピングカードを押して、山のような買い物に励みます。これはもう、ちょっとしたアメリカ体験。一緒に「コストコ幕張」の中を歩いてみましょう!

売り場はバイリンガル!

写真をクリックすると次の写真に進みます
まさに倉庫! 広大な売り場


コストコは自分たちのお店のことをwarehouse(倉庫店)と呼びます。売り場に一歩足を踏み入れてみてナットク、広大なスペースに商品の箱が天井まで高く積まれ、まさに「倉庫」を歩いている雰囲気。アメリカで最初にできた倉庫店は、飛行機の格納庫を改造したものでした。ディスプレイに凝らない分、経費をできるだけ節減し、価格を下げてお客様に還元しようという発想なんだそうです。

アメリカ生まれの倉庫店だけあって、売り場の表示はバイリンガルが基本。読んでいるだけで、ちょっとした英語の勉強になりそうです。

■注意! カートから手を離さないで下さい。
Attention! Hold your cart

■保護者の皆様へ
常にお子様とご同伴下さい。
Parents and Guardians
Children must be with parents or guardians at all times


ちなみにコストコホールセールジャパンの社長を含め数名の幹部はアメリカ人、社員の1割ほどが外国人で、社内の公用語は英語。そんなところからもアメリカンな雰囲気が生まれてくるのですね。商品もアメリカから持ってきたものが多いのですが、倉庫店のあり方も、ほぼアメリカそのまま。日本のやり方に合わせて変えようとしているところがなく、むしろそれが、日本人にとって新鮮に感じられるようです。

それでは、いざショッピングカートを手に、買い物へ繰り出してみましょう