英語の名詞につく冠詞、aやthe。買い物や料理の注文のときなど、「ここはa?the?それとも冠詞なし?」なんて迷ってしまって、一瞬言葉が出てこなくなったりしますよね。そこで今回は、冠詞をうまく攻略してスムーズに話す方法をご紹介しましょう。

coffeesやa beefはOK?

smile
これはtwo coffeesと言ってしまって大丈夫
■Q お店で注文するときに、名詞の前に何をつければいいのか、いつも悩んでしまいます。学校で「コーヒーは数えられない名詞だ」って習ったので、「コーヒー2つください」はTwo cups of coffee, please.って言わないといけないんですよね? でも、たいてい「エッ?」って顔をされるんですけれど…。

■A 確かに、coffeeは数えられない名詞なので、two cups of coffeeがきちんとした形ではありますが、お店で注文するときは、two coffeesと、coffeeにsをつけてしまってOKです。

ビールを頼むときも、普通は「beerは数えられない名詞だから、数えられない名詞の前につけるsomeをつけて、Can I have some beer?と言う、と説明されますが、これも「ビール1杯ください」という気持ちでCan I have a beer?と言ってしまって大丈夫です。

「じゃあ、"数えられない名詞"っていったい何なの?!」と、まじめな日本人学習者の方々は思うかもしれませんが、実は、aやthe、someをつけるかつけないかは、名詞によって決まるのではなく、その場の状況や自分の気持ちによって決まるのです。例えば、ネイティブの頭の中では、こんな風になっています。

coffee:コーヒーという飲み物の「概念」で、カップに入ったコーヒーを指すわけではありません。
some coffee:「何かコーヒー」ということで、まだ量や入れ物ははっきりしません。
a coffee:「入れ物に入って"1つ"と数えられる状態のコーヒー」になります(きちんと「入れ物」を言い表すためにa cup of とつける人もいます)。
the coffee:「どのコーヒーのことか、みんながすぐわかるコーヒー」です(入れ物に入っているかどうかは不明)。

cupのような数えられる名詞にしても、同様です。cupだけだと「飲み物を入れる入れ物という概念」で、some cupだと「どこのどんなカップかわからないけれど、とにかく何かカップ」、a cupでようやく「1つのカップ」となります。the cupだと、話している人たちがどれか知っているカップでないといけません。

つまり、aやthe、someをどう使い分けるかは、「覚える」のではなく、「自分で判断」しなければならないのです! これは覚えるよりも難しいかもしれませんね…。そこで、aやthe、someのどれを使うか判断するコツを、次のページでご紹介します!