後ろ姿美人はどの角度から見ても美しい!

自分の後ろ姿までしっかり意識できてい、後ろ姿美人のA子の日常仕草をチェックしてみましょう。

■デスクワーク:背筋が伸びて清々しい後ろ姿
美姿勢
 
座っていても筋肉を意識できているA子。上半身のポジションは、立っていても座っていても同じ、まっすぐな背筋です。

腹筋をシッカリ使っているから、上体が前傾せずにまっすぐにキープでき、自然と美しい後ろ姿が完成します。

さらに、デスクの下でも足元が乱れないように意識。足元は美姿勢の重要ポイントなので、全身の姿勢がさらに美しく見えます。


■エレベーターを待つ:後ろで待つ人も気分よく
美姿勢
 
後ろで誰がエレベーターを待つか分からないシーン、みっともない姿は見せられません。それでなくてもエレベーターホールではつい気が抜けやすく、かつ人に背中を見られやすいのです。

後ろ姿を見られる意識があれば、こんなときでも姿勢は完璧。自然とエレガントに見えます。

基本姿勢は棒立ちになりやすいので、基本姿勢を踏まえた上で身体にラインをつけます。ラインをつけても、骨盤がまっすぐになるように意識すれば、姿勢が乱れず女性らしい立ち姿になります。


■通勤時間:見ている人も元気になる?! 爽やかな出勤
美姿勢
 
通勤時は多くの人の目に「後ろ姿」がさらされる機会。颯爽と歩くA子の後ろ姿に、周囲の人も目を止めます。くたびれた姿勢で歩く人も多いので、ちょっと姿勢がよいだけでも好印象。

背筋を伸ばし、脚全体の筋肉を効率よく動かす歩きで、脂肪燃焼効果もアップ! 腹筋を使って上体を引き上げるように意識しています。通勤時や帰宅途中など、歩く時は「エクササイズ」の時間だと考えましょう。

仕事や友達との約束で忙しくて、ジムに行く時間がなくても、移動時間を有効に使えば筋肉は鍛えられるのです。


日常から背中の印象まで意識できているA子は、後ろ姿の美人度も高く、周りからの印象も上々!

では、もし、A子が、姿勢を意識しない「幻滅後ろ姿」だったらどんな印象を与えるのでしょうか?
>>>次のページでチェック!