オフィス姿勢のオキテ

姿勢美人
姿勢に仕事の取り組み方が現れます。
「姿勢」は単なる「外見的」なものだけでなく、仕事への取り組む姿勢、つまり「心の部分」が現れます。オフィスでの「ゆるみ」は絶対に禁物。ゆるんだ印象がある姿勢や仕草は、仕事への取り組み方、更には人間性までも疑われてしまします。気持ちがゆるむとミスも多くなりますし、いい事はありません。

第一印象を決める要素として視覚・聴覚・コミュニケーションという項目が挙げられるとアメリカの心理学者は言っています。そのうちの視覚が占める割合が全体の50%にもなるとのことです。視覚の大部分を占めるのはパーツよりも全体像。つまり姿勢です。「姿勢」に気をつけると、第一印象がアップし、短時間で良い人間関係を構築する一助となります。コレは男女共通にいえることです。姿勢美人は単に外見的な部分だけでなく、仕事に対する姿勢、内面的な部分も現れます。


やってませんか?NG仕草&姿勢

猫背
悪い姿勢は印象もバツです。
下記の動作、一度は誰でも行った事がある動作なのではないでしょうか。全部やらないことはなかなか難しいかも知れません。しかし、意識するのとしないのとでは、同じ動作をしても「質が異なります」プライベートの場ではないという事を念頭にオフィスで過ごし方を意識してみましょう。

■デスクに肘を突く
■電話を持つときに肩と耳で挟む
■呼ばれた時に首だけで振り向く
■脚を組む
■頬杖をつく
■腕を組む
■髪をいじる
■動作が騒々しい
■足音がうるさい

また、同一姿勢をとり続けることは身体にも悪いですよ!休憩時間に心も身体もリフレッシュして、NG動作をなるべく減らして過ごしましょう。

次のページは、オフィスでの好感度アップ術です。