photo by m-style

効率的な食器洗いのポイント

たかが食器洗い?「されど食器洗い」です!
食器洗いの効率は、ポイントを押さえているかどうかで全然違うといわれます。

大きなポイントは洗う順番と準備。その他にも様々な生活の知恵があります。それらをまとめてみました!

    ◆◇◆ 効率アップ!食器洗い ◆◇◆


ポイント(1)『洗う前の準備と注意』


  • 食事が終わったら、食べた人がそれぞれ、食器についた油汚れを拭き取るガイド記事『スパッと綺麗!優秀スクレーパー』で紹介したグッズもおすすめです!

  • 拭き取り前に重ねない。汚れを広げると効率ダウン!

  • 拭き取ったら、すぐに洗いはじめるか、水につけ置きを。乾燥すると汚れや落ちにくくなって効率ダウン

      ポイント(2)『洗う順番を考える』


  • 調理器具類は、食べる前(調理中)に洗う

    ☆ただし、油汚れのひどいフライパンやお鍋は、食べる前に汚れを拭き取っておき、食器洗いの最後にすると効率アップ。


  • 食後の食器は、油汚れのないものと油汚れのあるものを分けてシンクへ運び、水につけ置く。

  • 先に油汚れのない食器を洗う。水洗いだけで汚れは落ちるものもあるので、これらは洗剤を使うにしても少なめでOK。

    ☆割れ易いガラス類や、水につけ置くと素材を傷める木製の食器は特に、最初に洗ってしまいましょう。


  • 油など落ちにくい汚れのついた食器を洗う

    ☆油汚れのついた食器を先に洗うと、スポンジについた汚れがその他の食器にまで移るので効率ダウン!

    ☆お水よりお湯のほうが汚れ落ちは良い。

    ☆「拭き取り」は排水を汚さないエコ的な暮らしの実践にもなりますね♪

      効率アップする洗い物のコツ~主婦の知恵!~


  • 同じ形、大きさの食器をまとめて洗う。

    油汚れのある・無しの食器を分けると同時に食器の形も揃えておき、形状ごとにまとめて洗うと、洗った後の食器を並べ易いのでバラバラに洗う時よりも効率アップ!

  • 使う器具や食器類を厳選

    後片付けの時間短縮には、使う調理器具や食器を始めから少なめにするのが1番。不便さや寂しさを感じない程度に、お鍋やお皿を厳選して。

      手あれを防ぐ!


  • できるだけ炊事用手袋を使用。自分に合った手袋を見つけて使うことでストレスが軽減されます!→手あれ防止にもおすすめの『超優秀!家事用ゴム手袋』記事もご参考にどうぞ♪

  • 特にお湯を使って素手で洗った後、手をタオルでしっかり拭いて水分を取る。「パパッと振り払っておしまい」は厳禁!

  • 洗い物の際には、皮脂が洗い流されてとても乾燥します。皮脂成分を補って乾燥を防ぐハンドクリームをたっぷり塗る。




  • 食事の後片付けを効率アップするには、食器洗いのポイントを押さえることが一番。愛用グッズを見つけることも家事を楽しくする効果大です。


    それでは続けて、「食事の後片付けを効率UPする」第2段「"後片付けは家族全員で"の時代!」へ、まいりましょう!>>「"後片付けは家族全員で"の時代!」


  • 『あなたの一票』~食器洗い用洗剤の「使用上の注意」実践してますか?~投票結果はこちら♪

  • ">おすすめリンク『食後の後片付け』
  • これから食洗機購入を考えるなら>>『食器洗い乾燥機徹底比較!』by[家電]

    ☆家事の時短テクニックや暮らしをもっと楽しむアイディアをお届けする『共働きの家事メールマガジン』もどうぞ↓

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。