浴室鏡のモヤモヤウロコ汚れを一掃!

浴室鏡の曇り止め

頑張ってお掃除しても、すぐ曇ってしまう浴室鏡は、みんなの悩みのタネ

「浴室鏡」「汚れ」「落とす」などで検索してみると、クエン酸を使う、じゃがいもの皮でこする、市販の専用汚れ落としを使うなど、さまざまな方法がたくさん出てきます。
ガイドもさんざんいろいろ試してみましたが、どれも意外と時間と手間がかかる割には、さほどピカピカにはならないというのが実感。ただ、ひとつだけ、「超カンタンな割に、これはいける!」と思える方法がありました。
それが「歯磨き粉で磨く」こと!
 

歯磨き粉で、簡単うろこ落としと曇り止め

歯磨き粉

汚れ落としには、歯磨き粉が一番簡単で効果大! と判明

歯磨き粉の研磨効果がうろこ状にこびりついた汚れを、磨き落としてくれます。そして曇り止め効果もあります。専用洗剤やクエン酸などは、わざわざ買ってこなくてはならない家庭も多いと思いますが、歯磨き粉ならどの家庭にもあるはず。すぐ試すことができるので、ぜひやってみてくださいね。
歯磨き粉2

乾いた状態で塗り付けてよくこすり……

方法は簡単。乾いた状態の鏡(蒸気や水滴がついていないほうが研磨効果が高まります)を、乾いたぞうきん、もしくは乾いたナイロンたわしに歯磨き粉を適量つけたもので磨き上げます。最後にシャワーでよく洗い流したら、水滴を拭きあげて終了。
歯磨き粉3

洗い流せば、すっきり! 上半分が歯磨き粉でこすった鏡。多少うろこ汚れが残っていますが、繰り返すことで落ちていきます

写真は上半分だけを歯磨き粉で磨いた浴室鏡。多少のうろこは残っていますが、とても簡単にきれいになりましたね。少し残ったうろこ汚れは、幾度かそうじを繰り返す中で徐々にきれいになっていきます。気長に続けてみましょう。
 

蒸気の曇りは、石けんかボディーソプを塗るだけで解決!

ここでみなさんに質問。ピカピカの鏡、入浴時に顔のマッサージやシェービングをしたいなと思ったとき、問題なく使えていますか?

鏡はどんなにピカピカになっていても、入浴中は蒸気がつくことで見えなくなってしまいます。これを防ぐための曇り止めヒーターがついている鏡もありますが、多くの場合は、蒸気をシャワーで流したり、手でぬぐいながら見るしかありません。

乾いた状態の時に曇りどめの専用スプレーを塗布しておく、車のワックスを塗っておくといった方法もあるのですが、どれもわざわざ買ってくる必要がある上、「乾いた状態の時に塗っておく」手間も発生して面倒。
蒸気曇り

入浴中の蒸気の曇りは、石けんがボディソープを塗るだけで、すっきり見えるようになります

こうした浴室の鏡の曇り問題。実は、歯磨き粉の他にも、カンタンな方法で解決できます。「使いたい時に、鏡に石けんを塗り付ける」。これだけ。これ、銭湯があった時代は、男湯でひげ剃りをする男性達が当たり前のように行って来た方法なんです。
石けんの界面活性剤効果が、鏡に蒸気がつくのを防ぎ、一時的に鏡が鮮明に見えるようになります。
曇り止め

塗ったところだけ、ほら、この通り。汚れている鏡でも、入浴中に一時的に見えるようになって助かります

とはいえ、最近はバスルームには固形石けんは置いていないという人も。その場合は、ボディソープやシャンプーを適量手にとり、鏡に塗り付けるだけで同じ効果が得られます。要は、使う間だけ見えればいいわけですから、この方法であれば、うろこ汚れで見えにくくなっている鏡でも、効果はあります。忙しくてなかなか鏡の掃除まで手が回らないという人は、入浴時にこの方法を繰り返していくだけでも、鏡の汚れは徐々に改善していきますよ。
固形石けん

ボディソープを手で塗るのも○。でも、抵抗がある人は、家に眠っている固形石けんを使ってみて!

ボディソープを手で直接鏡に塗るのは抵抗がある、と思う人は、プレゼントでもらった小さな石けんや、旅先のホテルの想い出として持ち帰った石けんがあったら、曇り止め用として使ってみるのも手。

家の中に汚れがたまっていくと、気持ちもふさいでしまいがち。簡単な方法を習慣にすることで、おうちも気持ちもすっきり暮らしていきたいですね。
簡単なので、ぜひ試してみてくださいね!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。