無印良品のハードキャリー、ヒットの要因は?

キャリーケース

自分の高さに調整出来るキャリーバーを備えたポリカーボネート複合素材の四輪キャリー。1万5000円

無印良品の新製品発表会で見つけて、これはパッキング下手さんにぴったり! と感動したのがハードキャリーのシリーズ。

色と質感が大人っぽく、ビジネスシーンにも自然に溶け込むデザインなのに、5泊6日を目安にした56Lサイズで1万5000円というリーズナブルな価格。キャリーバーの高さが8mmピッチで自由に設定でき、四輪にTSAロックという高機能のこのハードキャリーは、販売以来ファンが続々と増えているヒット商品なのだとか。

国内外含め、旅や移動が多いガイドにとって、旅支度と後片付けはいつもの悩みの種。そんな悩みの細やかな部分にさまざま対応しているこのハードキャリーは、どうやって作られたのでしょう。モノづくりの秘訣を伺いに、開発担当者でもある良品計画の大伴さんにお会いしてきました。


開発のポイントは、成田空港でのウォッチングにあった

大伴さん

ハードキャリーの開発を担当した、大伴崇博さん。成田空港に何度も足を運んで、実際のキャリーの使われ方をウォッチングしたのだとか。

大伴さんによると、開発にあたっては無印良品とメーカーの担当者がチームを組んで、成田空港に出向いて、出国前と帰国後の旅行者の様子を何度も調査したのだとか。

この時に気づいたのが、スーツケースの上にバッグなどの荷物を乗せて引いている人がとても多いこと。そしてそのほとんどの人が、ずれて持ちにくそうにしているということだったのだそうです。また、出国時に比べて帰国時にはおみやげの袋が増えている人が多いということでした。

 

キャリーケースと内装バッグ

ハードキャリーの上がフラット構造のものは、なかなかありません。フラットならハンドバッグもぴったりと乗ります。無印良品の内装バッグなら、サイズもぴったり

これを踏まえて、無印良品のハードキャリーは持ち手の長さが自由に設定できるほか、バッグの上部をフラットにすることで、ハンドバッグ類を乗せやすく設計。さらには、荷物が増えてしまってもコンパクトに持ち歩けるよう、内装バッグにも工夫をこらしたのだそうです。

こうしてできたハードキャリー。使いやすいだけでなく、旅の準備と後片付けが気持ち良いほど時短できる仕組みがたくさん! 次のページから、賢い使い方を考えてみましたよ!