保育士になるには

まず、保育士になるためには、都道府県が実施する保育士試験に合格し、都道府県に保育士登録を行うことが必要です。
保育士になるには、下記の条件が必要となります。

(1)厚生労働省指定 保育士養成校を卒業した者
(2)保育士試験に合格した者

保育士試験を受ける場合


試験概要
【試験期間】例年8月初旬に筆記試験、10月中旬に実技試験が実施されています。
【試験科目】
<筆記試験>
(1)社会福祉(2)児童福祉(3)発達心理学及び精神保健(4)小児保健 (5)小児栄養(6)保育原理(7)教育原理及び養護原理(8)保育実習理論 ※筆記試験全科目合格者に対し実技試験が実施されます。
<実技試験>
音楽・絵画制作・言語(3分野から2分野選択)
【科目合格】合格した科目は、希望により、翌年及び翌々年に限り当該科目の受験が免除されます。
【受験費用】 12,700円
詳細:社団法人 全国保育士養成協議会
厚生労働省「保育士資格試験案内」

幼稚園教諭免許所有者が保育士試験を受ける場合


幼稚園教諭免許所有者は、免除申請することにより、「発達心理学」と「教育原理」と「実技試験」が免除になります。新しい制度では、大学もしくは保育士の養成校で受験が必要な8科目を履修すれば試験が免除となる見込みです。

保育士を持ち幼稚園教諭免許取得するには