保育士&幼稚園教諭
保育士、幼稚園教諭ともに未就学の子どもを預かる保育者となる資格
待機児童の解消につなげるため、厚生労働省と文部科学省は保育士資格と幼稚園教諭免許を相互に取りやすいよう条件を緩和するとのこと。ともに国家資格で未就学の子どもを預かる保育者としての資格。そもそも両資格の違いって何?というところから詳しくみていきたいと思います。

幼稚園教諭と保育士、資格の違いは?

幼稚園教諭と保育士の資格は、ともに国家資格であり、未就学の子どもを預かる保育者となるための資格。保育士が働く保育園は福祉施設で厚生労働省の所管となっています。一方、幼稚園教諭が働く幼稚園は教育施設で文部科学省の所管。したがって資格も各々管轄が違うことが大きな違い。

今回の試験制度の変更の対象は、保育士もしくは幼稚園教諭を持っている人。目的は待機児童解消のため「認定こども園」で働く人材を確保すること。「認定こども園」で働くには保育士、幼稚園教諭両方の資格を持つ人材が望ましいとしています。そこで、すでにどちらかの資格を持つ人が相互に資格が取りやすいように条件が緩和されます。

今年から順次緩和ということですが、どのように緩和されるのでしょうか?また、そもそも保育士と幼稚園教諭の資格を取得する方法の違いについてみていきたいと思います。

<INDEX>
幼稚園教諭免許を持ち保育士資格を取得するには
保育士資格を持ち幼稚園教諭免許を取得するには

どちらかの資格を持つ人にとっては、両方の資格を持つことで、働く幅が広がります。もともと大学などで、相互の資格を取得できるカリキュラムにより両方の資格を持っている人もいます。

保育士資格を持ち幼稚園教諭免許を取得するには