今が狙い目! 福祉用具専門相談員

ホームヘルパー
これからの社会に必要不可欠な資格だけに注目も集まります。
介護が必要な高齢者や障害者に福祉用具をレンタル、販売するときに、選び方や使い方についてアドバイスをする専門職。利用者の病状や障害の度合いを適切に見きわめ、また介護する側のさまざまなニーズにも合わせて的確な福祉用具を選定し、わかりやすく指導する、介護福祉や医療に関する幅広い専門知識を身に付けた、福祉用具のプロフェッショナルアドバイザーです。

介護保険制度では福祉用具貸与が保険給付の対象となっており、貸与事業所には2名以上の専門相談員を配置することが定められています。介護保険の拡大や介護を必要とする高齢者の増加によって、有資格者を求める事業所や企業は今後ますます増えるでしょう。

福祉系の資格でありながら、現在は受験資格も試験もなく、厚生労働大臣が指定した「福祉用具専門相談指定講習会」において講義と実習を全40時間受講すればよいとされています。

  • 取得方法

  • 講習会に参加し、所定の課程を修了すれば資格を取得できます。

  • 受講資格

  • 受講制限は特にありません。

  • 受講内容

  • 老人保健福祉に関する基礎知識が2時間、介護と福祉用具に関する知識が20時間、関連領域に関する基礎知識が10時間、福祉用具の活用に関する実習が8時間の合計40時間。

  • 受講時期

  • 各スクールで開講しています。

  • 受講期間

  • スクールによって異なりますが、5日間程度です。

  • 受講料

  • スクールによって異なりますが、4万~5円程度。

  • 問合せ先

  • 各都道府県の福祉担当課

    >>障害のある人の外出をサポート。注目の福祉資格、ガイドヘルパー>>