介護の現場で高齢者や障害者の介護を担う資格には、講習会のみの参加で無試験で資格が取得できるものがあります。介護の分野に携わりたい方のための初心者向けの資格を紹介します。

介護業界をめざすための登竜門、ホームヘルパー2級

ホームヘルパー
介護分野の資格で入門資格は講習会のみで取得できるものも。
要介護認定を受けた在宅の高齢者や障害者を訪問して、入浴、食事、排泄の世話などの身体介護や生活全般のサービスを提供するのが主な仕事です。介護の仕事はホームヘルパー2級以上という求人が圧倒的多数です。

資格取得後は、実務経験3年以上で国家資格である介護福祉士資格の受験資格が得られます。介護職員は、将来的には介護福祉士資格を取得することが基本要件になると言われています。移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を受ける必要がありそうですが、ホームヘルパー2級資格をもっていると、介護職員基礎研修は、ホームヘルパー資格を持っていると多くの受講免除があるからです。なるべく早く資格を取得し、実務経験を積むことが有利になるでしょう。

  • 取得方法

  • 国が定めたホームヘルパー養成研修132時間(講義60時間、実技42時間、実習30時間)を修了すれば取得可能な資格で、試験はありません。講習は各自治体のほか、民間のスクールでも実施しています。

  • 受講資格

  • 受講資格は特にありません。

  • 受講内容

  • 講義+実技+実習で、講義では社会福祉やホームヘルプサービスに対する知識と方法を学び、実技では、介護技術の入門を学び、実習では施設や在宅においてサービスに同行します。

  • 受講時期

  • スクールによって異なります。

  • 受講期間

  • スクールによって異なりますが、通信と通学の併用型で3カ月程度。

  • 受講料

  • スクールによって異なりますが、8万円~9万円程度。

  • 問合せ先

  • 各都道府県・指定都市の福祉担当課

    >>ホームヘルパーにプラスしたい、講習会のみで取得できる資格は?>>