皮をすりおろす
防カビ剤を使っていない国産無農薬のものを使う
レモンの皮をおろし器などですりおろす。


ポテトに絡める
フライパンにバターとアンチョビを入れ、弱火にかけてかき混ぜながら溶かす。
バターが溶けたらニンニクのみじん切りを入れて、香りが出るまで炒め、ジャガイモとみじん切りにしたパセリ、おろしたレモンの皮を加え、全体を混ぜ合わせる。塩味が足りなければ塩を適宜加える。


完成
グラナダ・ポテト
好みでレモンを絞って…
 

※芦原すなおさんの小説『山桃寺まえみち』の中のもともとのレシピは、フライドポテトにオリーブオイルで熱したアンチョビとパセリ、バジル(なければシソ)を絡める、というもの。
しかしバジルは入れず、レモンの皮を加えるという、「お母さんアレンジ」にはバターが合う。
グラナダと言えばスペイン。スペインと言えばオリーブオイルなので、バターを使うと、「グラナダ・ポテト」という名からは遠ざかるのが難点だが…。


本格的なフライドポテトはこちら、澄ましバターで揚げじゃが!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。