【宮城・女川】
食事処おじか

漁業関係者から直接、極上のウニとイクラを仕入れる「おじか」。おかげでウニ丼(2200円)、はらこ(イクラ)丼(1500円)、ミニウニ丼とミニはらこ丼のセットのかさね丼(2200円)と、お値段もリーズナブル。
ふだんは海老フライ定食や焼き魚定食などを目当てに、地元の人が集う温かい雰囲気のお店。でも、休日には遠方からこのウニ丼を求めてやってくる人たちでかなり混み合います。




どんなに混んでも食べたいのがやはりウニ丼。以前、雑誌の取材で伺ったのですが、撮影で1時間近くテーブルに置き、ライトを当てているにもかかわらず、ウニが溶けないんです!
しっかりした身は肉厚で、ウニなのに、口に入れるとコロッとした食感。舌で押さえてようやくとろけ出すというウニです!
そして甘みは生クリームのような濃厚さ。ご飯と一緒にいただくと潮の香りとご飯の甘さもあいまって、ウーンと呻る旨さです。
ご飯が隠れるほどたっぷりのって、このお値段は、女川まで行く価値大ですよ!

[観光スポット]
三陸リアス式海岸の名所、金華山をめぐる クルーズ船が女川から出ています。仙台、松島、石巻も近いので、海辺の絶景めぐりもおすすめです。

電話: 0225-53-2826
住所: 宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原504-12
交通:JR石巻線女川駅より徒歩3分
営業時間: 11:30~15:00、17:30~19:30
定休日:不定休(月2回平日)
公式サイト:食事処おじか



この夏行きたい癒しの旅はこちらもどうぞ
【東北その1】東北の夏祭りと滝めぐり
【茨城】袋田の滝と自然散策&美人の湯 滝と湧水をめぐる癒しの森林浴

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。