この夏のおでかけがまだの方。
どこに行こうかなあ、と迷っている方。
夏バテでちょっと食欲が落ちている方。

そんなあなたにオススメしたいスポットは福島県にある流しそうめん!!

え~っ、そうめん?!と思う方も多いでしょうが、
ココはですね、山の湧き水が流れ落ちる清涼な滝の目の前で、
その湧水を使ったシコシコのそうめんが食べられるという癒しスポットなんです。

お店の名は吾妻庵
すぐそばには、夏場しか営業しない微温湯温泉という秘湯や、ガイドお気に入りの鄙びた雰囲気の温泉地・土湯温泉などもあり、山の涼しさを堪能するには絶好の場所です。

では吾妻庵をご紹介しましょう。

吾妻庵(福島)

東京から約250キロ、東北道福島西ICを降りて微温湯温泉方面に向かう山道を進むこと7キロほど、山の中腹に、つり堀や流しそうめんが楽しめる『吾妻庵』があります。

付近は山林のみ、店や人家はまったくない山の中に、忽然と現れるキャンプ場風の建物が吾妻庵。 
聞こえてくるのは滝の音、鳥のさえずり、蝉の声。
そして目を引くのは5段ほどの落差を勢いよく流れ落ちる滝。
近づくと急にひんやりとした空気が身を包みます。

ご主人に伺うと、この滝、山の伏流水が湧き出た正真正銘の湧き水。
湧き水の温度は13~15度。
この滝のおかげで店内も盛夏でも20度ほど。
まさに別天地なんです。

ごらんください!
この滝と緑の森を正面に眺めながら、石製の樋を流れるそうめんがいただけます。



水が冷たくていいせいか、麺はシコシコ感抜群、喉ごしもよく、いくらでも食べられます。
そう、ここは大人1000円で食べ放題なのです。


そして、もともとはこの場所、水がいいのでワサビやクレソンを育てる場所だったとか。
今でもメニューにはここの湧き水で育てたクレソンの天ぷらや、マスの塩焼きあり、そのみずみずしい味わいを楽しめます。

ガイドとしてはそうめんにマスの塩焼きとクレソンの天ぷらが付いた1500円のセットがオススメ。

滝のマイナスイオン、緑の癒し成分・フィトンチットをたっぷり浴びながら、ゆったりと夏の涼を味わってみませんか。
食欲が落ちている方も、この環境に身を置くと、元気が戻ってきますよ。

また湧き水を使った100坪の釣り堀もあり、マスやイワナ釣りを楽しめますよ。(1kg1500円~)


<データ>
吾妻庵
福島市佐原字竹ノ森
TEL024・593・3949
営業期間/4月下旬~10月中旬
営業時間/10時~17時(8月は18時まで)
料金/流しそうめん食べ放題
  大人:1000円、子供:700円
定休日/なし(天候次第で休業もあり)
アクセス/東北道福島西ICより土湯・微温温泉方面へ車20分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。