転職するなら資格はこう売れVol.3 資格を活かす働き方は正社員だけじゃない!

不安定な世の中だからこそ、できれば「正社員で転職したい」というのはもっともなこと。でも、「転職するなら資格はこう売れ!Vol.1」「Vol.2」でもお話ししたとおり、「資格はあるけど未経験」の方が正社員で転職するには高いハードルがあります。

それでは「正社員じゃない」働き方なら、どうでしょう?近年、契約社員や派遣社員など、雇用形態も様変わりしています。今回は、「正社員以外の雇用形態」を上手に活用して、「資格を活かす」チャンスを得る方法を考えます。

正社員は狭き門

「資格はあるけど未経験」の正社員転職が難しい理由の1つが、企業が「即戦力=実績・経験」を求めていること。もう1つは、そもそも「正社員採用」自体が少なくなっているという現実です。

厚生労働省の調査によると、全労働者のうち、実に3割強が「契約社員」「派遣社員」「アルバイト・パート」などの非正社員。これは史上最高の数値であり、今後益々、これら「非正社員」の割合が増えることが予想されています。
もともと正社員採用が少ないところに、経験者が集中すれば、「資格はあるけど未経験」の方は二重三重のハンデを負っての戦い。当然勝ち目はありません。それでも「資格を活かして働きたい」なら、「本当に正社員じゃなければいけないのか?」というところから考えてみてください。

→次ページで、あなたが「仕事」を選ぶ上で「大切にしたい条件」について考えてみましょう。本当に正社員じゃなければいけないのでしょうか?