目的に合った雇用形態を選ぼう

●契約社員
名前のとおり、個別契約によって決められた勤務時間や賃金で、期間を決めて雇用される社員を指しますが、もともとは専門知識・技術を持った人を対象とした、エキスパートの色合いが濃い働き方です。とはいえ、最近では正社員採用の代替として契約社員採用を取り入れている企業も多く、必ずしもエキスパートのみが対象とはいえません。勤務条件や福利厚生などは正社員に準ずるケースもありますが、昇給・昇格や賞与、退職金などの規程は別途設定され、正社員に比べると条件的に劣る傾向があります。
企業によっては、「正社員登用制度」がある点も魅力。正社員募集をしていない、あるいは人気企業で倍率が高い、なんていう企業を狙っている人は、まずは「契約社員」で入り、ゆくゆく正社員登用を目標にするというのもひとつの手。
その際には、入社前に

・正社員登用までの期間の目安はどれくらいか
・正社員登用制度を利用して正社員になった人はどれくらいいるか

などを確認しておくと安心です。

=参考=
「契約社員の法律知識(1)」[転職のノウハウ]
「契約社員の法律知識(2)」[転職のノウハウ]


●アルバイト・パート
未経験でのチャレンジでも、比較的ハードルの低い雇用形態ですが、給与水準や福利厚生、安定性という面でのデメリットは否めません。しかし、どうしても入りたい業界や企業、経験してみたい職種がある場合に、まず、その場に「入り込む」方法としてはお勧めです。

「正社員では難しい」ケースでも、その熱意を買って「アルバイトでもよければ……」ということが無いとは言えません。さまざまなデメリットを差し引いても、「業界知識」「経験」「人脈」を得ることに価値があると考えることもできます。また、少ないチャンスながら「正社員登用」などの道が開けることもあります。

=参考=
テレビ局のアルバイトの探し方![大学生のキャリアプラン]
とらばーゆ*Net 編集長相談室

→最近よく目にする「派遣社員」という働き方。次ページで解説します。