同じ文字でも、濁る音になるときと、ならないときがあるみたい

おや、気が付きましたか? 例えば「가」は、「ka(カ)」と読んだり、「ga(ガ)」と読んだりするようです。「다(ta/da)」、「바(pa/ba)」、「자(cha/ja)」もそのようですね。この4つの文字「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」は、どんなときに濁ったり、濁らなかったりするのでしょうか。

それは、「単語の2文字目以降は濁る」が正解です。たとえば、「가구(kagu/家具)」、「자다(chada/寝る)」、「바보(pabo/馬鹿)」。2文字目が濁っているのがお分かりになるでしょうか。

韓国語の単語を読んでみよう!

それでは最後に、韓国語の単語をいくつか読んでみましょう。読み方とその単語の意味を次のページに載せておきます。ファイティン!(←「頑張って!」という韓国式のエールです)

【読んでみましょう】
1.구두
2.아시아
3.로마
4.두부
5.지지미

答えは次ページで