今、子どもに必要な安全情報は…

子どもが安全に暮らすことが難しい世の中になってきた…。日々の事件・事故の報道を見るにつけ、そんな思いを新たにする親御さんたちが多いことと思います。我が子を危険な目に遭わせたくない、無事でいて欲しいという気持ちはあっても、では具体的にどうしたらいいのか? という点については、親であってもなかなか難しいことだと思われます。

2003年2月15日発売の、拙著第5作
「親子で覚える徹底安全ガイド」主婦の友社 定価1,500円(税別)
は、そんな親御さんたちと、誘拐・性被害・事故など様々な被害を受けがちな子どもたちのために、親子で読んでいただきたいおすすめの一冊です。



本の特徴

通学路、学校内、また自宅内にいてもいつどんな危険が襲ってくるかもしれません。本書は子どもの身に起こりうるあらゆる被害のケーススタディとともに、防犯、防災、安全管理までどのように身を守るすべを伝えたらいいかといったことをわかりやすく解説しています。

また、覚えておくときっと役に立つ子どもの危機管理のキーフレーズを五・七・五調で各項目ごとに標語とし、それらの標語を普通のカルタやトランプのように、遊びながら覚えられる「安全しつけカード」がついています。

親は子どもの身に起こる場面を想定して、日ごろから対策を考えておく必要があります。子どもに一方的に押しつけるのではなく、まず親が読んで理解した上で子どもに読み聞かせてください。さらに、親子であるいは子ども同士で、く「安全しつけカード」で遊びながら、繰り返し大切なフレーズを覚えるようにすれば、自然と安全意識が身につくようにしました。


また、子どもが被害者になる場合だけでなく、子どもが犯しがちな「万引き」などについてもシビアに述べています。親もあやうく危険を招いてしまいかねない事態というものもあります。きわめて日常的な内容でありながら、すぐそこにある危機、といったことに気づかされるのではないでしょうか。

いままでになかった子どものための危機管理対策のガイドブックとして、ぜひ、ご家庭に一冊、またお孫さんのために、お子さんのいらっしゃるお宅にプレゼントとしても喜ばれるでしょう。



全国の書店で発売中です。
インターネットでのご購入はbk1はこちらから♪
アマゾンはこちらから♪     Yahooはこちらから♪
主婦の友社はこちらから♪


拙著既刊はこちらで♪

関連ガイド記事

  • 子供の目線になって注意しよう
  • 学校は死角い建物
  • 道を尋ねる大人は危ない!?
  • ウチの子を守るのは親
  • サマンサちゃんは帰らない…
  • 父が娘に読ませたい「安全作法」
  • 「助けて」では助からない!?

    おすすめINDEX

  • 子供の防犯




    【編集部おすすめの購入サイト】

    楽天市場で防犯グッズを見る

    Amazonで防犯グッズを見る



  • ■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
    経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
    ※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

    【経験談例】
    40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
    モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
    W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

    ☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
    「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。