ホルモンバランスの乱れを漢方で改善!

漢方の専門家に相談を
漢方薬を服用する場合は、必ず漢方に精通した医師や専門家に相談を
以前、「出産後のホルモンバランスで抜け毛が急増!」の記事でもご紹介したように、薄毛・抜け毛は、ホルモンバランスの乱れで増えると言われています。

漢方では、まずはホルモンバランスが崩れた原因は何か、というところからはじめます。血行が悪く、肩こりやニキビなどもある場合は桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)がおすすめです。更年期障害、のぼせやイライラがあるなら加味逍遥散(かみしょうようさん)がいいでしょう。

白髪に効く漢方も!

白髪に効果的な漢方もあります。白髪には、血液を養い、つややかな髪質を作る「四物湯」(しもつとう)、胃腸機能を丈夫にして、食事から髪のもととなる血をつくる「四君子湯」(しくんしとう)がおすすめです。

漢方薬の正しい飲み方について

漢方は、身体全体のバランスをひとつにとらえ、原因や解決方法を探るというもの。漢方で処方される漢方薬は、薬効の高い生薬を組み合わせて、相乗効果を発揮させた「薬」です。体質や体調によって処方が異なりますので、漢方薬を服用する場合は、漢方の知識がある医師や薬剤師、漢方の専門家に相談して、処方してもらいましょう。

漢方薬は、食間(食後2時間後ぐらい)に飲むのが効果的です。空腹時の方が生薬の有効成分が吸収されやすいからです。ただし、胃が弱い方や効果によっては食後の指示が出されるものもあります。用法を守って飲みましょう。

煎じ薬とエキス剤、どちらが効く?

漢方薬には、生薬をそのまま煎じて飲む「煎じ薬」と、煎じ薬を濃縮し、乾燥させて錠剤や顆粒にした「エキス剤」があります。

煎じ薬は、生薬をそのまま煎じたものなので、成分が濃く、香りが高いのが特長です。ただし、煎じる手間がかかる上、苦味も強く、飲みにくい場合もあります。

一方、エキス剤は、煎じ薬に比べるとやや効果は劣りますが、飲みやすく、品質が一定で、携帯に便利です。ライフスタイルに合わせ、飲みやすいほうを選んでください。いずれにせよ、決められた量を、決められた期間、飲み続けることが大切です。

西洋薬を服用している場合は、同じような効果がある成分が含まれている場合もありますので、漢方薬と併用する場合は、必ず医師に相談してください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。