ブライダルイメージ
結婚式では、輝いた“私”を見せたいもの
結婚式、披露宴は女性にとってはハレの舞台。輝いた自分をみんなに見せたいものです。しかし、ドレス選びにはこだわるけれど、ヘアやメイクはプロにお任せする方が多いようです。最良の日を迎えるためには、日頃から身体のコンディションを整えて、肌や髪のケアを気遣うことも重要です。

そこで、結婚式に向けたヘアケアについて、数多くの花嫁さんをプロデュースしてきたトータルビューティスタイリスト・Hitoeさんにお話を伺いました。

結婚式までのヘアケア・スケジュール

結婚式当日までにやっておきたいヘアケアには、どういうものがあるのでしょう。一般的な結婚式までのスケジュールに合わせたヘアケアについて、ご紹介します。

ショートカットのブライダルヘア
ショートカットでも衣裳に似合うブライダルヘアに!
■6ヵ月前 髪の毛はなるべくカットしないように
だいたい6ヶ月前に結婚が決まり、結婚式場の選定を始める方が多いようです。どのようなヘアスタイルにも対応できるように、髪の毛はなるべくカット(短く)しないように。ショートヘアの方でも、襟足が5cmあれば自毛でのアップスタイルも可能です。この時期から、頑張って髪を伸ばしましょう。

■3ヵ月前 ヘアスタイルの打ち合わせ開始
衣裳が決まると同時に、ヘアスタイルの打ち合わせが始まります。雑誌やインターネットの写真を参考に、自分なりのイメージを作り上げておいてください。衣裳にはこだわる方が多いのですが、ヘアスタイルにこだわりをお持ちの方は意外と少ないようです。会場の雰囲気、衣裳、季節などトータルで考えて、イメージを固めましょう。髪の長さや肌の色なども考慮しながら、なりたいイメージに近づけるよう、私たちからもご提案いたします。

■1ヵ月前 ヘアメイクリハーサル
本番と同じヘアメイクを試します。なぜ1ヵ月前かというと、髪やお肌が、結婚式当日となるべく近い状態で確認するのが望ましいからです。例えば、3ヵ月前にリハーサルを行った場合、髪が延びてしまったり、日焼けしてしまったりすることもあり、リハーサルとはまったくちがうイメージになってしまいます。なるべく、1ヵ月前後で日程を組みましょう。

ヘアメイクリハーサルには費用がかかるため、省略される方もいらっしゃいます。しかしこの時期なら、自分のイメージと違っていた場合に修正が可能ですから、できることなら確認をおすすめします。

また、いろいろな準備に追われてちょっと疲れた花嫁さんが、当日のヘアスタイルを見る事によって、結婚式に向けて気分を高めたり、リフレッシュできたりという効果もあります。リハーサルの際は、デジカメやカメラ付き携帯電話があれば、バックスタイルもじっくりチェックできます。

■10日前 美容室にてカット&カラーリング
ヘアメイクリハーサルで当日のスタイルを確認したら、10日前に美容室でカットとカラーリングを行ってください。遅くとも1週間前までに済ませましょう。これより後になってしまうと髪がなじみにくく、本番でヘアスタイルがピタッと決まりません。特に前髪は、1mmちがうと印象が変わってしまいます。どのようにしてカットしてもらうか、どんな色にヘアカラーリングするかなど、紙に書いて詳細に指示いたします。それを持って、美容室に行っていただきますのでご安心ください。

■前日 いつもと同じヘアケアを
結婚式の前日、美容室や自宅でトリートメントする方が多いのですが、ゼッタイにしないでください。「少しでもキレイに見せたい!」というお気持ちはよくわかるのですが、髪がつるつるし過ぎてしまい、巻き髪がきっちりと作れなくなってしまいます。当日、グロスをつけるなど、キレイな輝く髪にできますので、前日はいつもと同じヘアケアで充分です。ヘアケアに時間をかけることよりも、早く就寝し、寝不足にならないよう心がけてください。

■当日 髪が美しく輝く花嫁さんに!
結婚式当日は、ヘアメイクには1時間~1時間半ほどかかります。ドレスを着る前に、ヘアメイクを行いますので、Tシャツなどかぶるものでなく、必ず前開きのお洋服を着てください。ヘアメイクがすんだらドレスを着用し、もう一度ヘアスタイルを整えたら、美しい花嫁さんのできあがり、です。

次ページは、Hitoeさんから花嫁さんになる方へのアドバイスです。流行のブライダルヘアも紹介!