酒粕甘酒の作り方……2ステップで簡単!

カテゴリー:サブのおかず甘酒

 

身体に効くあったか飲み物「酒粕甘酒」

旅先で、造り酒屋の直営販売店などに並んでいるおいしそうな酒粕を見つけた時は、迷わずお買い求めください。清酒よりも良いお土産になるかもしれません。もちろんネットでもお取り寄せできるはずです。あなたのお気に入りの日本酒の酒粕が入手できたら最高です。

■甘酒の栄養・効能はこちら
■本格的!簡単な甘酒の作り方はこちら
体が温まる酒粕シチューの作り方はこちら

酒粕甘酒のレシピの材料(3~4杯分

酒粕甘酒の材料
酒粕 100g (板粕)
500cc
砂糖 大さじ3
1つまみ
生姜 お好みで (すりおろしまたは搾り汁)

酒粕甘酒のレシピの作り方・手順

酒粕甘酒の作り方

1:鍋に酒粕と水を入れる

鍋に酒粕と水を入れる
鍋に酒粕と水を入れて、半日~丸一日放置する。2時間ほど経ってかき混ぜると、簡単にほろほろ崩れるので、気がついた時に混ぜておく。
粕が大きければ手で適当に千切る。すぐに火にかけてしまうより、水に浸して置いた方が、とろ~りまろやかな味わいになる。

2:加熱して、砂糖と塩を加える

加熱して、砂糖と塩を加える
(画像は一昼夜経過したもの)加熱して、砂糖と、塩少々を加える。

熱々を茶碗に注ぎ、お好みでおろし生姜かしぼり汁を落とす。箸で混ぜながらいただく。

ガイドのワンポイントアドバイス

牛乳と半々に割って飲んでもおいしく、子どもにもおすすめ(酒粕によってアルコール分が多く残っている場合もあるので、大人が飲んで確かめてからにしてください)。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。