スイスインターナショナルエアラインズのビジネスクラス

写真をクリックすると最初の写真に戻ります
“2-2-2”の座席配列ですべてのシートが窓側か通路側


スイスインターナショナルエアラインズの気品あるビジネスシートも、出張などで利用するビジネスマン層に人気です。日本線に投入しているA340のビジネスクラスは全48席。“2-2-2”の座席配列はすべてのシートが窓側か通路側で、他の乗客にはさまれる真ん中の席に当たることがありません。そのぶん、ゆったりしたフライトを楽しむことができます。

また同社のサービスを語る上で欠かせないのが、ミールサービスのクオリティの高さ。日本発のファーストクラスとビジネスクラスで、東京・四谷の「ホテル・ドゥ・ミクニ」のオーナーシェフ、三國清三氏が手がけたメニューが楽しめます。三國氏は2001年に同エアラインの前身である当時のスイス航空と契約し、自身のプロデュースによる機内食の提供をスタートしました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。