ここ数年、充実の一途をたどる国際線キャビン。なかでも旅客争奪戦が激化しているビジネスクラスでは、各社それぞれに個性を打ち出した新しいシートの導入・発表が相次いでいます。空の旅をますます快適にするエアライン各社の最新の国際線ビジネスクラス・キャビンを、写真をもとに紹介しましょう。

ブリティッシュ・エアウェイズのビジネスクラス

写真をクリックすると次の写真に進みます
NASAと共同で開発した“Zポジション”


2000年に業界初のフラットシートをビジネスクラスに導入し、この分野では“パイオニア”として知られるブリティッシュ・エアウェイズ(BA)。同社が1億ポンド(約220億円)を投じて開発した次世代型ビジネスクラス──新「クラブ・ワールド」が、2007年9月にいよいよ成田/ロンドン線でもデビューを果たしました。

その特徴の一つが、NASA(アメリカ航空宇宙局)との共同で開発した独自の座席姿勢です。“Zポジション”と名づけられたこの座席姿勢の導入で、ビジネスシートの快適性はますます進化。私も今年1月にさっそくロンドン取材からの帰りの便で体験しましたが、“Zポジション”は文句なしに優れものと実感しました。

シンガポール航空のビジネスクラスは次のページへ。