直前でも大丈夫。ミニタイプのカレンダー

こちらは、少し小さめに作りました。日付は通常、1日~24日まで入りますが、ミニタイプなので、直前の5日分だけなど、お好みで調整してくださいね。
カレンダー小窓手順1
■小窓タイプ
その日の小窓をあけていくタイプ。窓の作り方は、まず窓の型を書きます。次に、画像の赤線の箇所をカッターで切ります。

カレンダー小窓手順2
【出来上がり】
窓の裏側から、紙を貼ります。ちょうど窓からのぞくように、お好みで絵を描きます。窓の表側に直接日付を書いても、または日付を書いた紙を、窓が閉まるように貼っても。


カレンダー小窓手順1
■オーナメント風
フエルトをお好みにカットします。日付を書いた紙を、どこかに貼ります。ひもやリボンに、フエルトをテープで貼り合せます。

子供夏工作犬手順2
【出来上がり】
その日の飾りを取っていきます。取った飾りは、ツリーに飾っていってもいいいですね。


【関連記事】
クリスマスの手作りを紹介しているガイドの記事です。

ミニ・リボンツリーで華やかノエル!

直線縫いだけクッションカバーにお絵かき!

自宅をイルミネーションライトで飾ろう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。