手作りアドベントカレンダーでワクワク感を、さらにアップ!

カレンダー画像中央
クリスマスまでの毎日、日付の付いたボンボンが食べられるカレンダーは、我が家の息子のお気に入り。小窓を開けていくタイプも応用編でご紹介します
クリスマスまでの毎日を、カウントダウンしていく「アドベントカレンダー」の作り方をご紹介します。フランスではクリスマス時期になると、多種多様なカレンダーを見かけます(ちなみにフランスでは「calendrier de l'avent」と言います)。今回は、キャンディーに日付を入れたタイプと、応用編で小窓を開けていくミニ・カードタイプなどをご紹介します。
   

インテリアにもなる、壁掛け風カレンダー

カレンダー材料
モミの木や、雪だるまを端切れ布でデザインしました
難易度:★★☆☆☆
【準備するもの】
■布
■手芸用ボンド、布用両面テープ
■はさみ
■キャンディー など

今回は土台に布を用いましたが、もっと簡単に作りたい場合や、後ほど紹介する「小窓タイプ」にされる場合は、厚紙をご利用ください。サイズの目安は土台の大きさが、タテ35×ヨコ47センチほど。日付は、1日~24日まで入れています。
 

お子さまと一緒に、お絵かき感覚でデザイン

カレンダー手順1
 
【手順1】
土台の布を準備します。端を1センチほど内側に折り返し、アイロンをかけ、ミシンで縫います。布のほつれが気にならないようなら、そのままでも。
 
カレンダー手順2
 
【手順2】
デザインを考えます。次に、考えたデザインを厚紙に描き型を作ります。型を布の裏側に写し、型に沿って布をカットします。
 
カレンダー手順3
 
【手順3】
カットした布の裏側の、端に沿って手芸用ボンドを塗ります。付着が弱いようなら画像のように、真ん中に数箇所、布用両面テープを貼ります。
 
カレンダー手順3
 
【手順4】
土台に貼っていきます。
 
カレンダー手順3
 
【手順5】
キャンディーに、日付を書いた紙を貼ります。下側には、キャンディーを刺しゅう糸で画像のように縫いつけました。
 
カレンダー手順3
 
【手順6】
上側は、キャンディーの裏側数箇所をテープで留めました。あまり重すぎるキャンディーだと、うまく付かない恐れもあるので、縫い付けた方がいいかもしれません。上側と下側と、キャンディーをバランス良くつけてくださいね。
 
カレンダー手順3
 
【手順7】
出来上がり。その日の日付けのキャンディーを取っていきます。キャンデーを取った後、日付を書いた紙だけ、また土台に貼りあわせても。
 

直前でも大丈夫。ミニタイプのカレンダー

こちらは、少し小さめに作りました。日付は通常、1日~24日まで入りますが、ミニタイプなので、直前の5日分だけなど、お好みで調整してくださいね。
カレンダー小窓手順1
 

■小窓タイプ
その日の小窓をあけていくタイプ。窓の作り方は、まず窓の型を書きます。次に、画像の赤線の箇所をカッターで切ります。
 
カレンダー小窓手順2
 
【出来上がり】
窓の裏側から、紙を貼ります。ちょうど窓からのぞくように、お好みで絵を描きます。窓の表側に直接日付を書いても、または日付を書いた紙を、窓が閉まるように貼っても。
 
カレンダー小窓手順1
 
■オーナメント風
フエルトをお好みにカットします。日付を書いた紙を、どこかに貼ります。ひもやリボンに、フエルトをテープで貼り合せます。
 
子供夏工作犬手順2
 
【出来上がり】
その日の飾りを取っていきます。取った飾りは、ツリーに飾っていってもいいいですね。
 

【関連記事】


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。