どんな資格が有効か

上流工程を行なうアナリストやコンサルが持っていて有効な資格には次のものがあります。

システムアナリスト(情報処理技術者試験)
システムアナリストは、経営戦略を受けて戦略を実現するための情報化戦略などを策定できる人材です。試験では、コンピュータのハード・ソフトなど基本的なITの知識から経営環境分析、戦略策定プロセスなど経営戦略、情報化戦略策定に必要な知識、さらに情報システム企画、開発、運用に関する知恵などが問われます。システム開発の上流工程を担当する場合、とっておきたい資格です。

中小企業診断士
中小企業診断士は、以前は「工業」、「商業」、「情報」と3つの部門がありましたが制度改革により部門がなくなりました。その結果、全ての知識を必要とされます。ITに特化した資格ではありませんが、経営戦略を策定する上で必要な経営的知識や知恵が問われますので、IT系の資格と併せて取ることにより有効性が増します。

ITコーディネータ
ITコーディネータは経営戦略から情報化戦略、システム開発、運用まで全てのプロセスを支援する人材です。システムアナリストや中小企業診断士に比べてまだ知名度が低いですが注目されており、今後資格取得者も増えるでしょう。

IT系の仕事で独立するためには、このような資格が有効ですが1つだけよりも2つ以上併せて取得することにより、より効果がでます。例えば、中小企業診断士とシステムアナリストを取得し、経営戦略と情報化戦略策定に特化した仕事ができます。これから独立したいと考えておられる方は、このような資格に挑戦してはいかがでしょうか?

<関連リンク>
ITコーディネータで独立したい方へ
ITコーディネータへの道
IT資格のお仕事 システムエンジニアの仕事
IT資格のお仕事 ITコンサルタント
ITコンサル系資格の勉強法!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。