初級シスアドなどの試験では、JPEGやBMAPなどのファイル形式に関する問題が出題されることがあります。現在、使われているファイル形式には、静止画、動画、音声などの分野によりいくつかの形式があります。今回は、このようなファイル形式についてまとめてみました。受験対策だけでなく、ITの知識を得たい方にとっても有益だと思いますので、ぜひご覧ください。

よく使われるファイル形式


拡張子 説明 英字スペル
html ホームページなどで使われるHMTLファイル  
gif 256色までの画像を扱うことができ、Web上で簡単なイラストやアイコンなどに使われる。 Graphic Interchange Format
jpg ISOに設置された組織の名称がそのまま使われている、画像圧縮方式。フルカラーなので写真などの自然画に有効。 Joint Photographic Experts Group
png Web上で使われる画像フォーマット。劣化することなく、フルカラーの自然画を圧縮保存できるなどの特徴がある。 Portable Network Graphics
swf Macromedia Falshを利用する時のファイル形式  
pdf Adobe Systems社により開発された、電子文書フォーマット。PDF文書を作成するには、Acrobatというソフトが必要。表示の場合は、AcrobatReaderが必要。 Portable Document Format
cgi CGIプログラムのファイル形式 Common Gateway Interface
asp ASPプログラムのファイル形式 Active Server Pages
avi Video For Windowsで動画を扱うためのファイル形式(AVI形式) Audio Video Interleaving
mov アップル社が開発したQuickTimeで動画を扱うファイル形式  
mpg MPEGで動画を扱うファイル形式 Moving Picture Experts Group
rm REALPLAYERで再生できる、REAL形式の音声や動画のファイル形式  
wmv WindowsMediaPlayerで再生できる、動画や音声のファイル形式  
wma WindowsMediaPlayerで再生できる、音声のファイル形式  
aif MacOS標準の音声ファイル形式(AIFF形式) Audio Interchange File Format
bmp Windows標準の画像形式ファイル。白黒からフルカラーまで扱う事ができるが、無圧縮のためファイルサイズは大きい。 Bit MaP
pict MacOSがサポートする画像形式。  
mp3 MP3形式で圧縮された音声ファイル。1/11に圧縮されるが、再生しても音楽CD並みの音質が保てる。 MPEG Audio Layer-3

<関連リンク>
初級シスアドを目指せ
合格の秘訣:初級シスアド
シスアドのお仕事
初級シスアド試験情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。