今年も北アルプス穂高連峰に初冠雪(10月7日)!
山麓の上高地では、 体育の日(10月9日)、秋晴れの中『稜線の白』と『空の青』がコントラスト をなし、それは綺麗だったとか。
上高地の紅葉は未だ見頃時期を迎えてはいないとはませんが、例年通りの進行をしています。
今年の上高地の秋色はどんな色彩を見せるのでしょうか?
以下に紹介する 上高地の紅葉情報と過去のレポート参考にされ、今年は(も)秋の上高地を訪れて見ませんか!

今年の上高地の紅葉予測情報

上高地の紅葉は、木の種類のよりピークは三度あるのが特徴です。
上高地の紅葉は、先ずはダケカンバやシラカバ、ヤナギなどの黄色が目立ち、マユミの赤色も交じる広葉樹のが色づきます。
10月下旬に見頃を迎えるカラマツが黄金色を帯びてくると素敵です。

             見頃時期予測
  明神池周辺の広葉樹:10/17~10/13
  河童橋周辺の広葉樹:10/19~10/25
  河童橋周辺の落葉松:10/26~11/1
フォトファーム信州:フィールド紅葉予報(10/12)から引用

穂高連峰の初冠雪と三段染め

穂高連峰の初冠雪があり、秋晴れに恵まれると、上高地では 山の雪景色「白」と、空の「青」があり素敵な景色が見られ、山裾に紅葉があると「三段染め」となります。

穂高連峰の初冠雪と紅葉:秋晴れのブルーとあわせて「三段染め」の絶景!・上高地・乗鞍スーパー林道のC区間(現在閉鎖中)から撮影:99.10.30
三段染めとは、空の青・山の新雪・紅葉の組み合わせで、北アルプスなどで運がよければ見られる光景です。 天気が回復して晴れわたった日に行くと、 穂高岳に 高い山の頂上は新雪の白、 中腹は紅葉真っ盛りの赤や黄色、 平地ではまだ緑の木々と、 三色のコントラストが目を楽しませてくれます。 また、空の青さを加えれば”五段染め”も楽しめるでしょう。 因みに、 穂高連峰の初冠雪の最近の経過をみると
 2003年09月29日
 2004年10月15日
 2005年10月22日
でしたが、今年は三年ぶりの
 2006年10月07日
にまりました。

なにも初冠雪と紅葉の「三段染め」なんて贅沢いわなくてもいわなくても、 上高地まで足を伸ばせば この素敵な穂高連峰の雪景色があるし それに青い空がコントラストがあり 紅葉が加わればもう最高の感激になるのは間違いない!

なお、そんな穂高連峰の秋色は、
安房峠中の湯温泉旅館でも見られます!

上高地散策ガイド:タイムテーブル

出発:河童橋辺りの穂高連峰とカラマツの黄葉(西穂と奥穂に日が当たり始める)・撮影:03.10.16:7:00頃
上高地散策ガイド:タイムテーブル

上高地の中は、自然探索路が整備されていて、標高は1,500mもあるけれど 殆ど平地なのでゆっくりのんびり散策が楽しめます。
日帰りで楽しむなら、バスターミナルから、梓川の両側の道を使って 下記の観光ポイントを巡るのがおすすめです。

梓川左岸沿い道(小梨平・明神橋:3.5km/60m)
明神池
梓川右岸沿い道(岳沢湿原..:3.5km/70m)
河童橋
ウェストン広場・田代橋(1.6km/20m)
梓川岸の道~田代池(1.6km/20m)
田代池 ~ 大正池(2.0km/40m)
最後は、大正池のバス停からバスに乗ります。

ピーク時の上高地の紅葉の様子

上高地の紅葉はピーク時はどんな紅葉が見られるのか?
以下にハンドル名「岡谷の自由人」さんから寄せて頂いた 「上高地紅葉便りと写真(03.10.16)」を紹介しながらその見所のポイントを紹介しましょう。
続いて次ページで 「明神池と河童橋周りの紅葉」を紹介 >>

平成18年版:06/10/12