農場ならではのわさび料理やわさび漬体験が楽しめます

 

 

黒澤明監督の映画「夢」に登場する、幻想的な水の流れる風景で知られる「大王わさび農場」。園内の広大なわさび田は、1日12万トンもの湧水が満たし、2~4月は一面に白い花が咲き、それ以外の季節は緑の葉の絨毯で覆われます。

入口左側の駐車場の奥に、3基の水車がゆっくりと回っている場所があります。ここが、「夢」の舞台として選ばれ、今も当時のままの風景を残しています。
水車の前を流れる蓼川と、中洲の向こうを流れる万水川が水車小屋の下流で合流します。この美しい水辺の風景は、人気の撮影ポイントとなっています。

 

 

また、船底に透明パネルをはめ込んだクリアボートで川に乗り出し、水上散歩ができる体験も人気があります。

広大なわさび田を囲むようにして、農場内には、食堂や売店、親水広場、アルプス展望台などの施設が点在します。中でも、わさび漬体験工房が人気で、わさびを切り、揉み、叩く、練るなどの工程を体験しながら、誰もが簡単にオリジナルのわさび漬を作ることができます。

また、食堂では大王オリジナルのわさび料理や信州そば、売店では、わさびの風味がほんのりと香る、本わさび入りのソフトクリームやわさびコロッケ、わさびビールなど、大王ワサビ農場ならではの味覚を味わうことができます。

■大王わさび農場 
住所:長野県安曇野市穂高1692
電話:0263-82-2188
営業時間:【4月】9:00~17:20、【5~6月】8:30~17:20、【7・8月】8:30~18:00、【9・10月】:30~17:30、      【11月】9:00~17:00、【12~2月】9:00~16:30、【3月】9:00~17:20
定休日:無休
アクセス:JR穂高駅からタクシー約10分
HP:http://www.daiowasabi.co.jp/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。