見るだけのものとは違う!体験型の美術館

 

 

にじみの水彩技法を使う作品で有名な『いわさきちひろ』さんと世界の有名な絵本作家さんの
美術館です。

安曇野の広大な敷地に建てられた、木のぬくもりあふれる美術館。
美術館といっても、見るだけのものとは大違い。

子どもの部屋と名付けられている、自由に絵本を見られるコーナーがあったり、にじみ絵体験をさせてもらえるワークショップをやっていたり、おなかがすけば、安曇野の自然を眺めながら食事ができるカフェも併設されており、お天気がいい日はもちろん、雨の日でも、屋根があって雨がしのげるだけではなく、ここで過ごして、遊べる、楽しめる要素がたくさんある、体験型の美術館という感じです。

 

 

また美術館の家具デザインを建築家の中村好文氏が手がけられており、絵本のコーナーには、
世界の著名な方々が作られた椅子のミニチュア版が一枚板で製作されているなど、なかなか他では触れることのできない作品に触れながら、ちひろさんの絵本を楽しめるというのも魅力です。

ゆったりと建てられた館内で、雨が降る外の景色を楽しみながらカフェでお茶も素敵だし、お子さん連れなら 素敵な椅子に座って、絵本を読んで聞かせたり、一緒ににじみ絵の体験をしたり……
私が訪れたときはそのにじみ絵をつかってキーホルダーやストラップにもすることができました。世界に一つのストラップです。

晴れの日も、デッキにリクライニングチェアがあり、外の風を感じることもできますし、雨の日も十分楽しめるスポットだと思います。
雨の日にわざわざ行くのも、風情があっていいのではないでしょうか?

■安曇野ちひろ美術館
住所:長野県北安曇郡松川村西原
電話:0261-62-0772
開館期間:3月1日~11月30日
開館時間:9:00~17:00(GW・8月は18:00まで)
休館日:第2・4水曜(祝休日は開館、翌平日休館)、GW・8月は無休、臨時休館あり
入館料:大人800円、高校生以下無料
アクセス:www.chihiro.jp/azumino/info/access.html
HP:www.chihiro.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。