ここ数年、メイクの主流はマスカラなどアイメイクに集中! 目ヂカラUPメイクは、すっかり定番化したと言えるでしょう。しかし、なかなか思い通りにならないという人も多いもの。そこで、今回は3回シリーズで「バッサリふさふさ睫毛」を実現する方法をご紹介します!

第1回:マスカラとビューラーのあわせ技で完璧な「記憶形状睫毛」
第2回:「ポイントつけ睫毛」で究極のパッチリお目目
第3回:2色のマスカラを使って、陰影のある目元づくり

Befor
After
Befor
After

“ばっさりふさふさ”睫毛の作り方

形状記憶睫毛
同じビューラーやマスカラでも、使い方一つで下がらない睫毛に!
最近では、「メイクはしなくともマスカラだけはしないと!」なんて女性が急上昇するほど、マスカラは重要視されています。実は一般的な意見だけではなく、ヘアメイク的にもそれはごもっともなのです!

目元に力を引き出そうとした時に、マスカラは必要不可欠。

そんな重要なマスカラだけど、欠点は“下がってきやすい”ということ。今回ご紹介する形状記憶睫毛は、少しでも下がらない様にとガイド伊牟田が試行錯誤して作ったワザです。是非参考にしてみて!!

一瞬ビューラーしただけではダメ。カールが長持ちしない原因はソレです!!

ステップ1
【STEP1】 最初にビューラー。まずは根元をしっかりとカールさせるのがポイント。片手でまぶたを上にあげて、しっかりとビューラーを根元にあてます。すぐにビューラーを離すのではなく、力を入れた状態で約5秒ほどそのままに。カーラーなどと一緒で、瞬間的な力のみでは中々カールは持続しません。根元が終わったら手首を上げる感覚で、だいたい3回位に分けて同じ要領でビューラーをしましょう。


ステップ2
【STEP2】 しっかりとカール出来たら、次はロングマスカラでばっさり感をだしていきます。ビューラーと同じ様にしっかりと片手でまぶたを上げて、根元からサッサッとマスカラを塗ります。パッチリした目元を作りたい人は睫毛のセンターを長めにして、大人っぽい雰囲気を作りたい人は目尻側を長めに作ると○。


ステップ2
【STEP3】 次はボリュームマスカラで根元を固定し、カールを形状記憶します。先ほどと同じく、片手でしっかりとまぶたを上げたら根元にブラシをあて、根元にのみマスカラが付くようにブラシを横に振ります。根元にボリュームマスカラを使うと、固定されて下がってこないだけでなく、なんとアイライン的な効果もあるのです!


ステップ2
【STEP4】 最後に下睫毛。下睫毛には、ダマになりづらい“3”で使ったボリュームマスカラがオススメ。まずはブラシを根元ににあてて、サッサッとマスカラを塗ります。塗りづらい場所は、マスカラのブラシを縦に使って全体に美しくマスカラを塗りましょう。





■関連記事
「秋=ブラウン単色はもう古い?!秋色メイクはエレガント路線!」
「目力マスカラでオンナを上げる!」
「立体リップで口角アップ!」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。