ここ数年ずっと大人気の目ヂカラメイク。「バッサリふさふさ睫毛」をキーワードに3回シリーズでお届けしてきたこのシリーズ。最後はパーティにも大活躍のカラーマスカラの使い方をご紹介します!

第1回:マスカラとビューラーのあわせ技で完璧な「記憶形状睫毛」
第2回:「ポイントつけ睫毛」で究極のパッチリお目目
第3回:2色のマスカラを使って、陰影のある目元づくり

Befor
After
Befor
After

カラーマスカラは華やかで、パーティーメイクにもぴったり!!

ターコイズブルーマスカラ
さりげない色使いがグンと華やかさを引き出します。
みなさんカラーマスカラって使った事ありますか?アイシャドウは沢山色を持っていても、カラーマスカラ未経験な方って多いですよね。

でも使ってみると、意外にしっくりくるもの。アイシャドウと違って、濃く塗らなくても華やかさがでて、これからのパーティーシーズンにぴったりです。今年は新しいメイクにもチャレンジしてみて!

マスカラ2色使いで、カラーマスカラ特有の違和感をOFF

ステップ1
【STEP1】 ビューラーした睫毛に、まずは黒マスカラで睫毛全体に長さとボリューム感をだします。

<注意>カラーマスカラを使う際に、ブルーやグリーンなどの色のあるアイシャドウはNG。ブラウンなどのナチュラル系のアイシャドウを使うと失敗がありません。


ステップ2
【STEP2】 次にカラーマスカラを使用。なぜ最初に黒マスカラを使ったかというと、黒マスカラをベースに塗って置くとカラーマスカラのわざとらしさが無くなり、黒×カラーマスカラの二色使いによって睫毛に立体感が生まれるのです。ブラシを根元に置き、横には振らず縦にサッサッとカラーマスカラを塗りましょう。横に振ると部分にべったりついてしまいますが、サッサッと縦に塗れば自分の好きな色加減に調節する事が出来ます。逆に、色が付きづらい時にはブラシを横に振ってみましょう。


ステップ2
【STEP3】 下睫毛も睫毛同様に黒マスカラを塗った後に、カラーマスカラをのせて完成。






■関連記事
「目ヂカラ2倍UPのアイラインテク」
「オンナ度をあげるクリスマスメイク:ベースメイク編」
「立体リップで口角アップ!」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。