目元の印象を大幅に変えて、エネルギッシュな目元に仕上げてくれるアイライン。メイクをする上で、無くてはならない工程ですよね。そのアイライナーは、目力を上げてくれるスペシャルアイテムだけど、「描くのが難しく、失敗しやすい」、そんな悩みを持っている女性も多いのではないでしょうか?今回はそんな女性の為に、失敗しないアイラインの描き方から、アイラインの応用編をご紹介。

リキッド&ペンシル使いで、ガタガタラインを克服

ステップ1
【STEP1】 ペンシルのアイライナーで目の際にそってラインを引きます。また、まつげと目の際がしっかりと塗り潰せていないと、目力どころか眠たい目に見えてしまうので、ちゃんとまつげと目の際の間もラインで埋めましょう。このラインは後にぼかしていくので、少し太めに引きます。


ステップ2
【STEP2】 ペンシルアイライナーで描いたラインの上にリキッドアイライナーでラインを目の際にそって引いていきます。リキッドは細いラインで引いて下さい。リキッド単体だと、細くラインを引くのは非常難しいのですが、下にガイドラインがある事で驚くほどラインが引き易くなります。また、下に太めに引いたペンシルのラインがある為に、リキッドラインの多少のガタツキも気になりません。


ステップ2
【STEP3】 何もついていないチップで、太めに引いたペンシルラインの上部をぼかしていきます。リキッドまでぼかしてしまうと、仕上がりが汚く見えてしまうので注意。最後にぼかしを加える事で、ラインを目に馴染ませ自然な仕上がりに。


ステップ2
【STEP4】 下まぶたのラインは、下まつげの際にラインを引いていきます。下まつげの生え際をなぞる様にササッと引くのがポイント。リキッドで引くとどうしてもラインがワザとらしく見えてしまいがちなので、ペンシルアイラインで仕上げるのがお勧め。あまり濃くいれてしまうとキツく見えてしまうので、ニュアンス程度に入れると失敗がありません。


描きやすいアイラインテクをご紹介しましたが、次にアイライン応用編を二つご紹介します。ライン一つで顔が別人の様に変わるアイライン。是非トライしてみてくださいね!

・タレ目ラインでカッコ可愛く!
・小悪魔ラインでキュートな眼差し


■「意外と間違えがちなメイクの基礎を教えます」バックナンバー
「基本カラーのアイシャドウテク」
「探そう!自分にあった眉メイク」
「超立体的!女優系ハイライト術」
「一日中崩れないファンデ塗りテク」
「"美肌メイク"は下地づくりが命!」



関連リンク
1/3ラインでリフトアップ効果
オンナ度を下げる"勘違いメイク"

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。