前回は下地の塗り方をご紹介しましたが、今回はファンデーションの正しい塗り方です。崩れやすかったあなたの肌もこの塗り方で大分化粧もちが変わってくるはず。ぜひトライしてみて!


“塗る”ではなく“叩き込む”


写真のタイトル


【STEP1】
まず直すべきは、リキッドファンデーションを塗る部分によって使う量を変えなければいけないという事。顔にはよく動く部分と、あまり動かない部分があります。まず、目元、口元、額はよく動くのでファンデがたまったりシワになりやすい部分なのです。画像の点線部分周辺はごく少量のリキッドファンデでいいでしょう。よく動く部分に多量にファンデをのせてしまうと、崩れる原因になってしまいますよ!

写真のタイトル


【STEP2】
そして次はリキッドファンデーションの使い方です。みなさんメイクするとき、ひたすら肌にリキッドファンデを塗っていませんか?ここが大きな落とし穴!塗るのではなく、手で叩き込んで下さい。大小無数にある毛穴はサッと塗っただけでは隠すことはできません。そして丁寧に叩き込む事により毛穴を隠すだけでなく、お化粧もちも数段よくなります。丁寧に自らの手で叩き込み、美しい陶器肌を手に入れましょう!

写真のタイトル


【STEP3】
そして顔の中には、指だけでは対応できない細かい部分があります。目の周り、小鼻の脇など。そんな部分にはスポンジを駆使してファンデーションを叩き込みましょう。無理して指だけで叩き込もうとすると逆にムラになってしまうので気をつけましょう。

写真のタイトル


【STEP4】
最後にフェイスパウダーを顔全体に叩き込みます。パウダーも、リキッドファンデの塗り方同様にパフを肌に叩き込みましょう。パフを滑らせてしまうと、せっかく前にやったリキッドファンデが擦れてとれてしまうので、優しく叩き込んでください。小鼻の脇や、まぶたの上や、目の下など、細かい部分はパフを半分に折っておさえましょう。しっかりパウダーをしておかないと、アイメイクやチークなどがやりづらくなってしまうので、手を抜かずしっかりと!



もともとトラブルの少ない方はサラッとしているタイプのリキッドファンデがおすすめ。ナチュラルな透明感がでます。逆にお肌のトラブルでお困りの方は比較的固めのリキッドファンデがおすすめです。

ファンデーションは数え切れないほどありますので、選ぶのに困ってしまいますよね。でも逆を返せば、「私にはこれだわ!」というファンデーションが必ずどこかにあるはず。根気よく化粧品売り場をはしごして、自分の手で使い心地を試してみて!


さてさて、次回は立体感メークにはかかせない、ハイライトの基礎をご紹介します。



「意外と間違えがちなメイクの基礎を教えます」バックナンバー
【1】"美肌メイク"は下地づくりが命!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。