最近まぶたが下がってきて・・・、とお悩みのあなた!普段使っているアイテムを、少し工夫して使うだけで目元の印象が随分違うんです。分かりやすく、実用的なリフトアップアイメイクをご紹介。

今回使用したアイテム
・ペンシルアイライナー(こげ茶)
・綿棒
・ビューラー
・マスカラ(ボリュームタイプ黒)


秘密は1/3ライン

ステップ1
【STEP1】 まずはこげ茶のペンシルのアイラインから引いていきます。茶系のアイライナーは肌馴染みがよく、普段ラインを入れない方でも抵抗なく使えるはず。上まぶたの際に沿って一本ラインをいれます。ラインは目尻にいくにしたがって、気持ち太くしていきます。目尻側はラインを軽く上向きに描きましょう。ラインがガタガタになっても気にしなくてOK。STEP2でラインを綿棒でぼかしてしまうので、問題ないんです。

ステップ2
【STEP2】 STEP1で描いたラインの目尻を綿棒で斜め上に向かってぼかします。太めに描いた理由はコレ。上に向かってぼかす事によって、下がって見えるまぶたをリフトアップして見せてくれます。これならアイラインがうまく引けない方も難なくクリアーできますね。

ステップ3
【STEP3】 そしてこげ茶のペンシルアイライナーで、下まつげの際1/3にラインをひきます。1/3だけにすることによって、目がきつく見えるのを防ぎます。目の端だけ囲う事で、ワザとらしくなく、くっきりとした活力のある目元をつくりだします。注意するポイントは目の内側から外側へラインを引く事。逆にするとまぶたが下がってみえてしまいます。下へむかってメイクをする事は、顔の印象を微妙に下がり気味にみせてしまいます。チークでもシャドウでも、上へ上へむかってメイクするのがコツ。

ステップ4
【STEP4】 次はマスカラ。ビューラーでまつげを上げたら、まずはまつげの上の面をマスカラのブラシを横にしてサッと一塗り。上面にマスカラを塗るのはまつげに程よいボリュームをだすため。一見、上面にマスカラなんてまつげが下がってしまいそうな感じがしますが、しっかりビューラーでカールさせておけば、まったく問題ないんです。ボリュームのある元気なまつげは、それだけで若々しい印象を与えてくれます。

ステップ4
【STEP5】 そして上まつげの下の面を、目尻側を多めに塗っていきます。まぶたを持ち上げて根元からしっかりとつけておくと、時間がたってもまつげは下がってきません。STEP4と連動して上下の面をマスカラでコーティングする事でまつげのカールも長時間持続してくれるんですよ。



リフトアップメイクのポイントは、全ての動作を上へ上へと持っていくこと。下に下がったアイラインや、カールのない下がったまつげは、それだけでまぶたが下がって見えてしまいます。 ポイントさえ間違わなければ、こんなに簡単、かつ普段使いのアイテムでコレだけ差が出せるんです。みなさんも是非試してみてください。

before
画像をクリックすると拡大します。
after
画像をクリックすると拡大します。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。