流行眉のはずなのに……。失敗しがちなNG眉を一挙公開!

nukisugi

抜きすぎた眉は、どうずればいい?

眉はあなた自身の印象を大きく左右する大切なパーツ。太眉ブームもひと段落した感がありますが、あなたの眉は、相手にどんな印象を相手に与えているか気付いていますか?

写真のY子さんは、明るい健康的な女性です。しかし、眉毛を抜きすぎて、今や眉毛の一部分しか残っていない状態。イマドキの眉毛になりたくても、ガイドラインになる自分の眉毛がないので、どう描いていいのかわからないのがお悩みだそう。

自分のイメージを印象づけつつ、流行眉毛のエッセンスも取り入れたいと試行錯誤で眉作りを続けていますが、どうもシックリこなくて、周りの人の反応が微妙なのです……。では早速、失敗眉毛の数々を見ていきましょう。

 

【失敗眉1】太眉×下がり眉。何を言っても怒らなそうに見られる

futomayu

太眉すぎて人がよさそう

雑誌を見ながら必死で描いた流行の太眉。自分ではイケていると思っていたのですが、どうも太すぎるし下がり眉すぎる様子。
どうも、周りからの反応が、上から目線でなめられているような……。

 

【失敗眉2】濃すぎるしっかり眉。キツイ女に勘違いされる

kosugirumayu

濃すぎる眉はキツそう

今度は一転、芯があって意思を持った女に見せるために、眉の印象を濃くしっかりと描いて強調。

でも、周りの人に「なんか機嫌悪い?」と聞かれるようになったし、なんだかキツイ性格と勘違いされて避けられているような……。

次のページは、「NG下がり眉」について紹介します。