普段何気なくしているスキンケア&メイク。その中に自ら崩れを招いてしまう様なミスが隠れていたのです!

乳液と日焼け止めのダブル使いで化粧崩れ

今の時期、日差しも強く日焼け止めは欠かせないアイテムです。みなさん朝の忙しい時間にどういったスキンケアをしているのでしょうか?Aさんに伺ってみました。

【Aさんの朝のスキンケア】
「とにかく朝は忙しいから、パパッと化粧水をつけて、乳液で軽くマッサージした直後に日焼け止めをつけています。」

さて、Aさんのお話を聞いて、みなさんは崩れ易くしてしまっているポイントに気がついたでしょうか?
乳液&日焼け止め
そう、間違いは「直後に日焼け止めをつけています」、の部分。乳液を使った直後に日焼け止めを使っているAさんは、二つのアイテムの効果を、自ら潰してしまっているのです! 必ず乳液は使った後に少し時間を置いてから日焼け止めを使わないと、二つがごちゃ混ぜ状態になってしまう事で、本来の役目を果たせずに、非常にメイクも崩れやすくなってしまいます。朝忙しくて時間を置いてる暇なんて無い、そんな方には二つが一緒になった日焼け止め乳液がお勧め。あなたは大丈夫でしたか?

パウダリーファンデーション+水スポンジで化粧崩れ

夏はどこに行ってもエアコンでガンガンに冷えた状態。そんな中に長時間いると、メイクは乾燥でパサパサ状態になってしまいますよね。Bさんはどんな乾燥崩れ対策をしているのでしょうか?

【Bさんの乾燥崩れ対策】
「夏は外に出れば暑くてベタついてきちゃうから、パウダリーファンデーションを使ってます。それだけじゃ乾燥しちゃうと思って、パウダリーファンデーションを塗るときのスポンジはちょっと水を含ませてから塗ってます」

みなさんはBさんのお話を聞いて、どこがいけなかったのか気づきましたか?
化粧水&パウダリーファンデーション
Bさんの間違えポイントは「塗るときのスポンジはちょっと水を含ませてから塗ってます」、の部分。もともと水を含ませたスポンジを使う専用のパウダリーファンデーションなら問題ありませんが、普通のパウダリーファンデーションで同じ事をするのはNGです!肌に上手く乗らなくなるだけでなく、ただの水なので余計乾燥してしまうかも…。

乾燥崩れの気になるあなたは、「乾燥してきたな」と感じたらすぐに保湿系化粧水を顔から少し離した位置からシュシュッとスプレー。スプレーした後は化粧水を肌に浸透させるように優しくティッシュで肌をおさえましょう。

【関連リンク】
5分で完成!化粧崩れ修正テク
シミ・毛穴対策メイク必勝法
一日中崩れないファンデ塗りテク
"美肌メイク"は下地づくりが命!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。