「メルカリShops」とは?

メルカリは個人が使わなくなった持ち物などを売買するためのフリマアプリだったのですが、これからは事業者も積極的に参加できるようになります。その取り組みとして2021年10月7日に正式にオープンしたのが「メルカリShops」です。
 

メルカリShopsに出店するには? まずは申し込みが必要

まずはショップの開設から(画像はメルカリより)

まずはショップの開設から(画像はメルカリより)

メルカリShopsを出店者として利用するには、申し込みが必要です。プレオープン中は一部の店舗に限られていたのですが、正式オープンした現在は、誰でも申し込みができ、出店できるようになりました。

「ショップを開設する」をタップして、事業種別(「個人利用」「個人事業主」「法人」)を選択。販売するものや許認可の確認などをしていきます。

メルカリの手続きは比較的簡単なのですが、メルカリShopsは手続きが少し複雑かもしれません。また開設申し込みに不備がある場合には、開設ができないケースもあります。例えば住所の不備や許認可画像や申請情報の不備があった場合です。さらに20歳未満のユーザーは開設することができません。
 

メルカリShopsのために新しいアカウントは必要なし

メルカリShopsに登録するために、新しいメルカリアカウントを作る必要はありません。むしろ新しくメルカリアカウントを作ると1人で複数のアカウントを持つことになり、これはメルカリの禁止行為(「メルカリアカウントの不正利用」)にあたります。
 

メルカリShopsで売ってはいけないものは?

メルカリShopsにも販売できないものがあります。
  • 現金、金券類、カード類など換金性の高い商品や、換金を目的としたもの
  • たばこ
  • 犯罪に使用されるおそれがある商品
  • 医薬品、医療機器関係、非科学的商材(例えば開運や魔除などの効果を謳っている商品)
  • 開封済みだったり、賞味期限や消費期限が切れているものなど安全面、衛生面に問題のある食品類
  • 自動車、自動二輪車、原動機付自転車
他にも販売が禁止されている商品があるので詳しくは「メルカリShopsでの販売禁止商品を教えてください」を確認しましょう。
 

メルカリShopsの手数料は?

メルカリShopsの手数料は、商品価格の10%です。
販売手数料無料のキャンペーン(画像はメルカリShopsより)

販売手数料無料のキャンペーン(画像はメルカリShopsより)

ただし、2021年12月31日までは販売手数料が無料になっています。対象期間中に購入、発送通知をした取引が対象です。

購入:2021年10月7日10:00~12月31日23:59
発送通知:2021年10月7日10:00~2022年1月10日23:59

手数料無料の対象になる売上は、1ショップ10万円まで(手数料1万円分まで無料)です。また、10万1円以上の商品は手数料無料キャンペーンの対象外となります。
 

売上金はどうやって振り込まれる? スケジュールは?

メルカリShopsの売上金は、開設時に登録した銀行口座に振り込まれます。振込金額は毎月末日に決定し、翌月10日(金融機関休業日の場合はその前日)に登録口座へ支払われます。ゆうちょ銀行の場合は、他行の支払い予定日よりも2営業日遅れて振り込まれます。任意のタイミングでの振込申請はできません。振込手数料として200円がかかります。
 

値下げ交渉はない!

メルカリでは値下げ交渉が行われることが多いのですが、メルカリShopsではコメントの機能がありません。そのため値下げ交渉を受けずに済みます。
 

メルカリ便が使える

メルカリShopsでもメルカリ便が使えるようになりました。匿名配送に対応していて、全国一律料金となりました。
 

メルカリShopsで購入する場合には、「ショップ」から

「ショップ」になっていることを確認

「ショップ」になっていることを確認

メルカリShopsの商品を購入する場合には、必ず「ショップ」からになります。
現在のカテゴリ

現在のカテゴリ

現在のカテゴリは、ハンドメイド、アパレル、コスメ・美容、食べ物・飲み物、インテリア・住まい・小物、その他になっています。
 

支払いは4つの方法に絞られている

メルカリShopsで買った商品の支払い方法は、メルペイ残高、メルカリポイント、メルペイスマート払い(翌月払い)、クレジットカード払いになっています。メルカリの場合には、キャリア決済やコンビニ払いもあるのですが、メルカリShopsでは支払い方法も限られています。

 

気になるショップはフォローがおすすめ

気になるお店はフォローをしておくと、出品された時に通知がくるようになります。買い逃しを防ぎたい人、売り切れになる前に早めに買いたいという人は、このフォロー機能を使うと良さそうです。

メルカリShopsはまだまだ開発途中で、今後さまざまな機能が盛り込まれる予定です。例えば「パワーアップ版メルカリ便」として送り状の一括発行手続きや大口個数の対応、他にもクール便の対応や、出品カテゴリの拡大なども考えているとのこと(10月7日の本格スタートに伴い、酒類の取り扱いもOKとなりました)。

これまでのメルカリとは異なる機能がどんどん出てきそうなので、条件を満たす人は今後、メルカリShopsの開設を検討するのもいいかもしれません。

【メルカリの使い方おすすめ記事】
メルカリで商品の返品はできる?返金・送料は?
メルカリの支払い方法の種類と比較!手数料に要注意
メルカリの使い方を徹底解説! 始め方を出品/購入別に分かりやすく紹介
メルカリ発送方法の種類と比較! 安いのは?
メルカリで即売れる10のコツ!
メルカリで売れないのはなぜ? 
メルカリで多いトラブル事例8選! 回避策や対処法
メルカリでいいねがつく意味とついても売れない理由
メルカリ出品禁止物一覧の調べ方や知らないと利用制限になってしまう物
メルカリ詐欺に注意! 届かない手口や実例、対策・予防策を解説


【こちらもチェック!】
「メルカリShops」が本格スタート! 販売手数料無料&購入代金の最大50%ポイント還元など、お得なキャンペーンも
メルカリに「メルカリShops」が登場! これまでの出品と何が違う?
メルカリでやってはいけないNG梱包例! 購入者が「え?」となるダメなやり方とは
メルカリでこんなモノも売れるの!? 実際に見つけた驚き出品物5選
メルカリユーザーは知らないと損! クーポンやキャンペーンをお得に活用する方法



 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。