桜の季節が過ぎ、気温も上がっていよいよ服装も薄手のものに衣替えする人が増えてきました。服装が薄手になるとまず気になるのが二の腕。冬の間に蓄えたプヨプヨの二の腕、薄着ファッションでは残念ながら隠しきれません……。しかし、二の腕のプヨプヨもトレーニング次第で絞ることができます! 初夏の訪れとともにトレーニングを始めておけば、この先本格的な暑い夏が来てももう怖くありません。二の腕の引き締めに効果的でとっても簡単なトレーニングですので、ぜひ取り入れてみてください。
 

二の腕痩せトレーニング1:二の腕に負荷をかけて脂肪燃焼!

早速、二の腕のプヨプヨを撃退するトレーニングを始めましょう! このトレーニングでは体幹も使いますが、二の腕で体を支えることでフォームがキープできるので二の腕への負荷が強くなり、脂肪燃焼に繋がりますよ!

■手順1:うつ伏せで、両足を肩幅程度に開いて両肘をつく
両肘は肩の真下にセット

両肘は肩の真下にセット

うつ伏せの状態を作り、両足を肩幅程度に開いて両肘をつきます。肘は肩の真下にくるようセッティングします。

■手順2:膝は床につけたまま両足を後ろに持ち上げ、そのまま全身を30~60秒キープ
二の腕と体幹でしっかり全身のフォームをキープ

二の腕と体幹でしっかり全身のフォームをキープ

膝は床につけたまま両足を後ろに持ち上げて、そのままキープ! 腰が反らないように気をつけましょう。両腕にグッと力を入れないとバランスがとりにくくなるので、しっかりと二の腕を使いましょう! フォームを重視し、呼吸は止めないよう注意しながら30~60秒キープします。はじめは1セットから、慣れてきたら1日2セット以上は行うようにしましょう!
 

二の腕痩せトレーニング2:腕と体幹で体を支えてプヨプヨ撃退!

片腕と体幹で全身を支えるため、継続的に行うことで腕の力が培われていき、二の腕のプヨプヨ撃退に繋がります。お腹の側面の筋肉も使われるため、横っ腹のプヨプヨも同時に撃退できるトレーニングです!

■手順1:肩の真下に両手をつき、両足も肩幅程度に開いて真っ直ぐに伸ばす
肩の真下に両手をセット

肩の真下に両手をセット

肩の真下に両手をつき、体を真っ直ぐにして両足も肩幅程度に開いて真っ直ぐに伸ばします。

■手順2:そのまま左右どちらかの手を離し、体を手を離した側へ向け30~60秒キープ
呼吸が止まらないよう注意しましょう!

呼吸が止まらないよう注意

そのまま左右どちらかの手を離し、体を手を離した側へ向けます。骨盤やおへそがきちんと横に向くように体を保ちましょう。反対側の手を大きく広げて、そのまま30~60秒キープ!

■手順3:【上級者向け】そのまま上側の足を持ち上げてキープし、腕に負荷をかける
これでキープできれば上級者

これでキープできれば上級者

これでは簡単すぎる!という場合や慣れてきた場合は、上側の足を持ち上げてキープすることで、より腕に負荷がかかるようになりますよ!

本格的な薄着の季節の夏が来る前に、効率的に二の腕痩せを目指してみてはいかがでしょうか?
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。