鮮度を保たせる、うどの保存方法

柔らかさと鮮度を保つためにも早めに食べましょう

柔らかさと鮮度を保つためにも早めに食べましょう

うどは光に当たると、かたくなってしまうので、新聞紙に包んで、冷暗所で保存します。2~3日はもちますが、早めに食べるようにします。また、下ごしらえし、酢を入れたお湯でサッとゆでてから、冷凍保存してもよいです。

 

うどの下処理・下ごしらえ(アク抜き方法)・美味しい食べ方

アクが強く、切ったそばから変色してしまうので、準備を万全にした状態で、素早く下ごしらえすることが大事です。アクの成分は皮の付近にあるので、皮は厚めに剥くと、きれいに仕上がります。

下ごしらえ1。
1: うどを4~5cmのぶつ切りにし、厚めに皮を剥きます。

 

下ごしらえ2。
2: 皮を剥いたうどを、調理法に合わせて切ったら、酢水に5分浸けてアク抜きをし、しっかりと水気を切ります。

 

下ごしらえ3。
3: 生のシャキシャキ感を味わうならサラダや酢味噌和えに、香りを楽しむなら含め煮に、厚めに切った皮は捨てずにアク抜きしてきんぴらに、葉先は天ぷらに活躍します。捨てるところのない野菜です。

 

▼関連記事
うどの切り方
うどの下ごしらえをマスター! うどの酢味噌和え
たった1本で4品できる~うど料理レシピ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。