シンプルを極める!ブロッコリーのゆで方レシピ(所要時間:15分)

ブロッコリーのおいしいゆで方

蒸しゆでしたブロッコリーに、味わいの違う3種のソースを用意しました

 

ブロッコリーの蒸しゆではイイコトだらけ

ブロッコリーの塩加減とゆで加減がピシャリと決まると、ふんわりとしたつぼみとサクッとした茎がなんとも言えないおいしさです。ですが、このゆで加減が意外と難しいもの。

そこで「蒸しゆで」をご提案。少ない水で蒸しゆでにすると、水っぽくなりすぎない上に、水に溶けやすい栄養素も残ります。シンプルだからこそ、きちんと知っておきたい、おいしいブロッコリーのゆで方の全プロセスを写真つきで紹介します。

イイコトだらけの蒸しゆでに、お好みのソースを添えて、召し上がれ。
 

ブロッコリーの蒸しゆで 材料・分量(2人分)

  • ブロッコリー:1個
  • 塩:小さじ1

■レモントマトソース ※お好みで
  • 完熟トマト:1/4個
  • 塩:少々
  • レモン汁:大さじ1

■アンチョビマヨネーズ ※お好みで
  • マヨネーズ:大さじ1
  • 牛乳:小さじ1
  • アンチョビペースト:小さじ1/2

■ハニーバルサミコ ※お好みで
  • バルサミコ酢:大さじ2
  • オリーブオイル:大さじ1
  • はちみつ:小さじ1/2
  • 塩:小さじ1/4
 

ブロッコリーの蒸しゆで 作り方・手順

ブロッコリーを茎ごと切り分ける
ブロッコリーを茎ごと切り分ける
1:ブロッコリーは水洗いし、つぼみのついていない細い茎と茎を切り落とし、茎ごとに切り分けます。






 
ブロッコリーのごみを落とします
ブロッコリーのごみを落とします
2:つぼみの部分に虫やごみが入りやすいので、切り分けたブロッコリーは、水を張ったボウルにしばらく浸けておきます。






 
茎の皮をそぎ落とす
ブロッコリーの茎の皮をそぎ落とす
3:ブロッコリーの茎の皮を包丁の刃の部分でそぎ落とし、乱切りにします。






4:大きめの鍋にブロッコリーの1/5が隠れるくらいの水を入れ沸騰させておきます。水の分量は、蒸しゆでにする前に確認しておきましょう。

 
蒸す
ブロッコリーを蒸しゆでにします
5:【4】の鍋にブロッコリー、茎、塩を入れ、蓋をして中火で蒸しゆでにします。ブロッコリーの量にもよりますが、3~4分ほどで火が通るので、竹串などを刺して、ゆで加減をチェックしてください。




 
冷ます
ブロッコリーを冷まします
5:ブロッコリーをざるにあけ、うちわなどで扇いで冷まします。こうすることで、余熱で柔らかくならずに済み、きれいな緑色が保てます。





 
ソースを作る
3種のソースを作る
6:3種のソースを作ります。

レモントマトソース:湯剥きしたトマトの種を取り除き、小さめの乱切りにし、トマトから出る果汁も取っておきます。これと材料を混ぜ合わせます。レモンの酸味をトマトが和らげてくれるので、ブロッコリーにかけて、ドレッシング感覚で味わってみてください。

アンチョビマヨネーズ:材料を混ぜ合わせて、できあがりです。いつものマヨネーズに一工夫。アンチョビの塩気が利いていて、ディップにして食べてみてください。

ハニーバルサミコ:材料を混ぜ合わせて、できあがりです。甘酸っぱい後味で、大人なテイストです。野菜だけでなく、肉や魚のグリルなどにも相性抜群です。
 

ガイドのワンポイントアドバイス

できあがり
3種のソースで、いつものブロッコリーに目新しさを
ブロッコリーはつぼみだけを食べる野菜と思われがちですが、茎も食べることができる、捨てるとこなしの野菜です。ただし、茎は筋っぽくて硬いので、皮を厚めにむきましょう。

またブロッコリーに添える3種のソースは、普段のサラダや肉料理などにも、活躍するので、色々と試してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。