シャキシャキとした歯ごたえと、ほんのりとした苦味のある京野菜です

シャキシャキとした歯ごたえと、ほんのりとした苦味のある京野菜です


京野菜の中で、全国的に食べられている野菜のひとつが水菜です。シャキシャキとした歯ごたえと、癖のない淡白な味わいが、人気の秘密です。鍋の具材に、漬物に、サラダに、と大活躍の野菜です。

水菜の栄養

栄養的にも優秀で、鉄分、カルシウム、ビタミンCが葉野菜の中では特に高いです。生で食べても、鍋にして食べても、水菜を丸ごと食べることができるので、その栄養を余すことなく取り入れることができます。特に不足がちな鉄分はビタミンCと一緒に摂ることで吸収が高まるという、うれしいおまけつきです。

よい水菜の選び方

よい水菜の選び方
葉の緑と白のコントラストがはっきりしているものを選びます
  • 葉先がピンとしていて、みずみずしいものを選びます
  • 茎が細く、真っ白で、スッとまっすぐ伸びているものを選びます
  • 持ったとき、重量感のあるものを選びます


水菜の保存方法

水菜の保存
新聞紙できちんと包んで保存しましょう
  • 水菜は、濡らした新聞紙で包んで、ポリ袋に入れて、冷蔵庫で立てて保存します
  • あまり日持ちしないので、早めに食べるようにしましょう


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。