「キムチ」を主役に! 食卓を彩る主役級アレンジレシピ4選

「キムチ」の絶品アレンジレシピ4選

「キムチ」の絶品アレンジレシピ4選

辛くて美味しい、みんな大好きなキムチ。そのまま食べても美味しいですが、料理に一手間加えて、キムチを主役にしたおかずを作ってみませんか? 冷蔵庫の余ったキムチを、献立の主役メニューに変身させちゃいましょう。人気の絶品キムチアレンジレシピを4つご紹介します。
   

辛うま鶏キムチ

辛うま鶏キムチ(出典:夕ご飯にも、おつまみにも! 辛うま鶏キムチ)

辛うま鶏キムチ(出典:夕ご飯にも、おつまみにも! 辛うま鶏キムチ

ヘルシーな鶏胸肉とネギをたっぷり入れた、キムチの炒め物。リーズナブルでお財布にも優しく、栄養もボリュームも満点なので、困った時のおかずにぴったりです。辛くて旨いキムチは白いご飯との相性抜群! お腹が空いたらすぐに作れる、定番スピードメニューです。

【作り方】2人分
  1. 鶏胸肉100gはそぎ切りに、ネギ1/2本は斜め切りにする
  2. フライパンにサラダ油を熱して鶏胸肉を炒め、色が変わってきたら、ネギ、いり白ごま、キムチ100gの順に加えて炒める
  3. ネギがしんなりとしたら、醤油小さじ1、砂糖小さじ1/2を加えて全体にからませる。ごま油を加えて全体を混ぜたら完成
 

キムチ肉じゃが

キムチ肉じゃが(出典:定番料理にひと工夫で旨々、キムチ肉じゃが)

キムチ肉じゃが(出典:定番料理にひと工夫で旨々、キムチ肉じゃが

お馴染みの肉じゃがに一工夫して、キムチの辛みをプラスしたキムチ肉じゃが。キムチだけで十分旨味が出るので、味付けはめんつゆや砂糖などでシンプルに。一人暮らしでも用意しやすい材料だけで作ります。最後にバターを加えることで濃厚なコクが生まれ、さらにご飯に合う味に仕上がりますよ!

【作り方】2人分
  1. 豚肉100gは4~5cm幅に、じゃがいも2個は皮をむき一口大に、玉ねぎ1個はくし形に切る
  2. 鍋にごま油を熱し、豚バラ肉炒め、キムチ100gと玉ねぎ、じゃがいもも加えて炒める
  3. 水100mlとめんつゆ40mlを加えて、煮立ったら、アクをとり、砂糖大さじ1を加える
  4. 中火にしてフタをし、10分ほど煮込む
  5. フタを取って水分が飛ぶまで煮詰め、皿に持ってバターを乗せたら完成
 

豚キムチラザニア

豚キムチラザニア(出典:餃子の皮で簡単!豚キムチラザニアの作り方)

豚キムチラザニア(出典:餃子の皮で簡単!豚キムチラザニアの作り方

ミートソースの代わりにキムチ、パスタの代わりに餃子の皮を使ったお手軽な豚キムチラザニア。キムチとホワイトソースは意外にも相性が良く、まろやかな味わいが癖になる美味しさです。豚肉とキムチを炒めておけば、あとは材料をオーブンで焼くだけ。包丁いらずの簡単時短レシピです。

【作り方】2人分
  1. フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚ひき肉100gを炒める。色が変わったら、キムチ50gを加えて炒め、全体によく混ぜ合わせる
  2. ホワイトソース145gに牛乳100mlを混ぜ合わせる
  3. 耐熱容器にホワイトソース、餃子の皮6枚、豚キムチ、ピザ用チーズ80gの順に2~3回重ね、200℃に予熱したオーブンで20分程焼いて完成
 

豆腐とキムチのチゲ風スープ

豆腐とキムチのチゲ風スープ(出典:)

豆腐とキムチのチゲ風スープ(出典:豆腐とキムチのチゲ風スープの作り方!簡単スピード料理レシピ

韓国料理の定番、チゲを再現したお手軽スープ料理。たっぷりのお豆腐とキムチで代謝をあげて、ヘルシーにいただきましょう。レシピは、材料を鍋に入れて火にかけるだけ。とってもシンプルな時短料理です。忙しい時のご飯にも、ダイエット中のおやつやお夜食にもおすすめ!

【作り方】2人分
  1. 鍋に鶏ガラスープの素大さじ1、水400cc、スプーンですくった豆腐1~2丁、一口大に切ったキムチ80gを加え、さっと混ぜて火にかける
  2. 沸騰したら、醤油で味を調え、風味付けのごま油を加える
  3. お好みでネギを振って完成

【関連記事】

【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。