見た目改善にはきりがない! 後悔しないための心の持ち方とは

見た目のコンプレックス

見た目コンプレックスは、気にし始めると次々に増えてしまうもの。折り合いをつける方法とは?


見た目コンプレックスから解放されるための自己分析のポイントについて「顔・見た目に自信がない…容姿コンプレックスから自由になるには?」でお伝えしましたが、今回は、見た目コンプレックスの改善に取り組む際のメンタルマネジメントについて解説したいと思います。
 
見た目の改善にこだわると、きりがありません。一つ直すと他のパーツが気になり始め、あちこちを直したくなります。こうして化粧品や美容医療、エステ、ダイエットなどにお金とエネルギーを投入していくと、見た目以外の大切なこと(たとえば、キャリアアップや私生活の充実など)が後回しになり、大きく後悔することにもなりかねません。
 
だからこそ、自分の見た目に向き合う際には自分の心にも向き合い、メンタルマネジメントをしていく必要があります。今回は、そのための3つのポイントをお伝えします。
 

1. 人は「自分以外の者」になれない……「自分が好き」がスタート地点

「自分が嫌い。顔や体を変えれば、自分をもっと好きになれるはず」……そう思う方は少なくありません。しかし、その思いから見た目改善をくり返しても、きっと永遠に満足することはないでしょう。
 
見た目には「自分らしさ」が宿っています。自分らしさを肯定的な目で見出し、活かす方法を考えるが「自分を好きになる」ためには必要です。これができないと、いくら見た目を改善しても自分に満足はできません。
 
自分を好きになるためにまず必要なのは、「毎日頑張っている自分をねぎらう」ことです。顔や体を優しくなでながら「今日も頑張ってくれてありがとう」「今日も大変だったね。お疲れさま」などと自分に声をかけながら、労わってみてください。

すると、「私の顔って、よく見ると優しくて親しみやすい感じかも」「私の肌は小麦色。だから、健康的に見えるかも」というように、良いところに気づくチャンスが拡がります。自分に優しいまなざしを向けて自分とじっくり対話をすると、自分らしさを活かしたいと思えるようになります。
 

2. コンプレックスにこそ魅力は宿る……自分の「強み」を発掘する

私は、カウンセリングのなかで「自分の“強み”がわからないなら、“コンプレックス”から掘り起こすといいですよ」とよくアドバイスしています。つまり、「短所」にしか見えない特性も、見方を変えれば「長所」になるということ。

たとえば、「自分は陰キャだ」と思う人は「冷静な人」であり、「自分は軽すぎる」と思う人は「外向的な人」であるということ。「自分はシャイだ」と思う人は「誠実な人」であるということです。見方を変えれば、ほとんどのコンプレックスが「強み」に変わります。

見た目においても、同じことがいえます。最近、白髪を「グレイヘア」として活かす女性が増えてきました。これも、コンプレックスを魅力に変える発想の転換のひとつ。コンプレックスをなくすことばかりを考えるのは、個性を消すのと同じこと。ぜひ「強み」に変えて活かす道を考えてみましょう。
 

3. 他人からのほめ言葉に「自分らしさ」を見出す

自分を否定的な目で見ても、長所には気づけません。なぜなら、人間にはみな「確証バイアス」があるからです。

「確証バイアス」とは、自分の信念に合致する情報だけを集めてしまう考え方のくせのこと。たとえば「自分はブスだ」と思い込んでいる人は、いくら他人からチャームポイントをほめられても、その言葉を信じることができません。逆に、たった1回けなされただけで「やっぱり私はブスなんだ…」と確証を強めてしまいます。
 
確証バイアスに振り回されないためには、他人のほめ言葉を素直に受け止め、その言葉をしっかり覚えておくこと。「その髪はあなたの雰囲気に合っている」「色白だからピンクのブラウスがよく似合うのね」。このように、他人は色々な場面でその人らしさを見出し、ほめてくれるものです。
 
ほめられた言葉は、すべて手帳などに書き留めておきましょう。ほめ言葉は、そのときは信じられなくてもいいのです。メモが溜まると、他人からよくほめられるポイントが分かってきます。それこそが、自分の本当の魅力です。
 
見た目コンプレックスの克服に必要なメンタルマネジメントは、自分を好きになること、コンプレックスを強みに変えること、他人のほめ言葉を素直に聞き入れることです。ぜひできるところから、実践してみてください。きっと、自分の活かし方が分かってくると思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項