菜花と新にんじんのサクサクかきあげ

所要時間:20分

カテゴリー:天ぷらかき揚げ

 

にんじんと油の相性について

春先になると出回る菜花と、新にんじんを使ってかきあげを作りました。露地栽培で作られた新にんじんは、柔らかくて、甘く、この時期限定の味です。ぜひとも、この時期に出会う、2つの野菜の組み合わせを味わってください。

にんじんと言えば、カロテンをたくさん含む、緑黄食野菜! カロテンは、皮膚や粘膜を強化してくれるビタミンで、体内に入るとビタミンAに変換されます。カロテンは脂溶性なので、揚げることで効率よく、にんじんの栄養素を取り入れることができます。揚げたり、炒めたり、油を使った料理でにんじんの栄養素をとりいれては、いかがでしょうか。

菜花と新にんじんのかきあげの材料(2人分

かきあげの材料
なばな 1束(100g)
にんじん 半分
天ぷら粉 1カップ
1カップ

菜花と新にんじんのかきあげの作り方・手順

かきあげの作り方

1:

にんじんは皮を剥いて5cm長の千切りに、菜花は3分割に切ります。

2:

氷水のはったボウルの中に小さめのボウルをセットし、小さめのボウルに天ぷら粉と水を合わせ粉っぽさがなくなるまで混ぜます。

1で切ったにんじんと菜花を加えて、よく混ぜ合わせます。

3:

170度の油の中にスプーンですくった3を放します。衣が黄金色になったあたりですくいあげます。 油をよく切って、器に盛ってできあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

ちょっと手間がかかりますが、氷水に当てて天ぷら粉と水を混ぜるだけで、かきあげがサクッと揚がります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。