子供の癇癪の発生メカニズムとは?親のNG対応と正しい対処法!

子供の癇癪はいつまで?メカニズムと対処法、上手に乗り越えるコツ

子供の癇癪、上手に乗り越えるコツはある…?

子供の癇癪は、第一次反抗期と言われる1歳半~2歳前後頃から目立つ子が増えるようです。しかし激しい癇癪を起こす子もいれば、性格的に大人しい子もいて、反抗期や癇癪が始まる時期も、個人差があります。

子どもの激しい癇癪に悩まされる親御さんの中には、その対応にヘトヘトになるだけでなく、発達に問題があるのではないかと心配をしたり、「キレやすい」原因は愛情不足だから?と自分の子育てに自信をなくしてしまう方も少なくありません。

▷参考記事
一歳半頃から始まる癇癪を起こすメカニズムと対処法

そんな子供の癇癪の発生メカニズムや対処法、上手な乗り越え方をご紹介します。

大人には理解が難しい、子供の癇癪の特徴

子供はどんな癇癪行動をする?

子供の癇癪行動は大人には理解できないことばかり…

子供の癇癪は同じ兄弟姉妹でも違いがあります。では、どのような癇癪行動を起こすのでしょうか。一部例をご紹介します。
  • 「ダメ」と怒ると、地べたに寝転がって泣きわめく
  • 嫌いな食事を出されると、皿を投げ飛ばして怒りわめき散らす
  • 自分の頭を壁や床に打ちつけて抵抗・抗議をする
  • 人に噛みついたり、物を投げて暴力的になる
これらはほんの一部ですが、このように、大人から見ると理解ができない行動をとるのが子供の癇癪の特徴です。

▷参考記事
激しい反抗期を親はどう乗り越える?~【1】2歳前後
一歳半頃から始まる癇癪を起こすメカニズムと対処法

 

失望と怒り?子供の癇癪の原因とメカニズム

子供の癇癪の原因とメカニズムとは

子供の癇癪の原因とメカニズムとは

こういった理解し難い子どもの癇癪の原因やメカニズムは何でしょう?

癇癪が目立ち始める1歳半~2歳頃の第一反抗期は、子どもが直立して歩けるようになることで行動範囲が広がり、いろいろな事ができるようになる時期です。ですが思い通りにならないことも多く、さらにそのような状況へ大人が介入すると、その失望を怒りで表します。

これが癇癪行動の原因であり心理メカニズムです。子供が癇癪を起こすときは、その行動の裏にメッセージが隠れています。決してキレやすい子供なのではなく、言葉で表現できない感情を表しているのです。

▷参考記事
一歳半頃から始まる癇癪を起こすメカニズムと対処法

 

子供の癇癪へのNG対処法!

子供の癇癪時の注意点と大人がやってはいけない行為

叱るのはNG⁉

子どもの癇癪への対処法をご紹介する前に、心得ておきたいNG言動を押さえておきましょう。
  • 「ほら、言ったでしょう!」と叱り飛ばす
    親御さんの気持ちからすると「もうやめて!」という気持ちいっぱいで叱りたくなるものですが、静まるどころか余計に癇癪がひどくなる可能性が。
  • 「モノ」で釣ること
    「我慢したらあとでご褒美を買ってあげる」と、手っ取り早い方法を取ってしまいがちですね。ですが、これは「泣けば思い通りになる」と理解させてしまいます。
  • 質問攻めにしない
    子供の気持ちを理解したいがために「〇〇なの?」「××なの?」などと質問攻めにすると子供は混乱をしてしまい、よけいに癇癪を長引かせる場合もあるため注意しましょう。
  • ごまかす、意識を他に向ける
    気持ちを受け止めないと、消化不良を招き、後で全く関係のない場面で思い出して泣く等、引きずることになりかねません。基本的に癇癪はその場で解決を。
  • 放置する
    子供の癇癪をそのまま放っておくことは、子供にとって「ママはこの行動を容認している」というメッセージになる恐れがあります。
▷参考記事
第1次反抗期『魔の2歳児』のイヤイヤ期やわがまま 乗り越え方
2歳児の癇癪!様子を見て良い時とダメな時
子供の癇癪の放置はNG!ベストな対処法とは?

 

癇癪は子供の自立心を育てるチャンス⁉癇癪が出たときの対処法

癇癪時は子供の自立心を育てるチャンス!?

癇癪時は子供の自立心を育てるチャンス⁉

癇癪は「世の中には思い通りにならないこともある」ということを学ばせるチャンスでもあります。ただ落ち着かせるのではなく、子供の自立心を育てながら対処をしましょう。

癇癪への対処法のポイントをご紹介します。
  • 外で癇癪を起したときは、周囲への迷惑を考えて安全な場所に移動する
  • まずは気持ちを受け止め、癇癪を起した気持ちを「○○が嫌だったかな?」「□□がしたかったかな?」などと代弁してあげる
  • 癇癪が起きた時の感情の表し方について、新しい表現方法の提案する
  • ダメなことやできないことはきちんと伝える
  • なだめても落ち着かないときは、やり取りを中断して落ち着くまで様子を見守る
  • 癇癪が落ち着き子どもの気持ちが切り替わったら、手を握る、抱きしめてあげるなどでスキンシップをとる
対処をする前に重要なことは、親御さんの中で「やっていいこと、ダメなこと」の線引きをあらかじめ作っておくことです。これは、親御さん自身が感情的に叱ることを回避でき、本当に学んでほしいことが子供に伝わりやすくなります。

▷参考記事
一歳半頃から始まる癇癪を起こすメカニズムと対処法
2歳児の癇癪!様子を見て良い時とダメな時
第1次反抗期『魔の2歳児』のイヤイヤ期やわがまま 乗り越え方
子供の癇癪の放置はNG!ベストな対処法とは?

 

子供の癇癪を乗り越える際の心得

子供の癇癪を乗り越えるコツ

ママが押さえておきたい、子供の癇癪を乗り越えるコツ

子供の癇癪は、親にとってはただのワガママのように見えるかもしれません。しかし思い通りにいかないことに対する怒りや失望の感情は、意志を持ち始めた子供の正しい発達の一段階。「あれもこれもほしい」「試してみたい」と好奇心いっぱいに体を動かして、物事を理解しようとしているだけ。子供のこういった気持ちをまず理解してあげましょう。

癇癪を乗り越えるために理解しておきたいこと
  • 悪いことと悪い子を同義にしない
  • 子どもを「○○な子」で否定しない
  • 子どもの悪いところ、できていないことばかりを目で追わない
  • 代わりに良いところ探しをする
  • 子供の行動をポジティブに受け止める
  • 癇癪を起こしやすい場所・状況では、目標を作って練習することも大切(買い物中にカゴをママと持つなど)
  • 自己主張には選択肢を与える(コートを着ることを嫌がったら、2着のコートを出してどちらがいいか提案)
  • お友達へ悪いことをした癇癪には、気持ちが落ち着いてから話し合う

▷参考記事
『イヤイヤ期』の対応を見直してみませんか?
ママのイライラ期にしない!魔の2歳児イヤイヤ期を乗り切る秘策
魔の2歳児とのお買い物、イライラしないコツ

 

2歳より3歳、3歳より4歳の方が大変?! 子供の癇癪はいつまで続くのか

子供の癇癪、4歳児には違う対応が必要?「4歳の壁」とは

4歳児の癇癪への対処法とは?

幼児期の反抗期は年齢ごとに「魔の2歳」「悪魔の3歳」「悪魔の4歳」と表現されることがあります。イヤイヤ期というのは、2歳のときにやってくるものという印象を持たれる方が多いと思いますが、実際には、3歳の誕生日ぴったりに終わるわけではなく、当然ながら個人差があります。

「3歳になり、2歳のときよりも大変になった。どんどん巧みになってきた」という子も多く見受けられます。言い返す言葉、踏ん張る力、諦めない体力、これらが、2歳代よりも、さらにパワーアップしているため、「手に負えない」と感じる場面が増えてしまうようです。

さらには「2歳より3歳、3歳より4歳の方が大変」とおっしゃるママは多いようです。海外でも同様に「むしろ、Terrible 2(テリブルな2歳児)、Horrible 3(恐ろしい3歳児)、Fiendish 4 (悪魔の4歳児)だ」という声も多く聞かれます。4歳児には天使と悪魔の顔が混在しているとも言われます。言葉も覚え、少し大人脳に成長してコミュニケーションがとれるという点では天使といわれる4歳児ですが、思考が発達する時期=心の成長期であるため、心・頭の中で起こっている変化に戸惑いや葛藤を感じ、時おり、自分の気持ちのコントロールが上手くできず、泣いたり、わめいたり、我慢がきかなくなったりしてしまう傾向も多く見られるのです。

わがままや癇癪の連発に疲れ、「もう勝手にしなさい」とさじを投げてしまうと後々が大変になります。テレビやゲームなどの今どきの遊びに夢中というお子さんも増えてくるこの時期、子どもの癇癪に折れず、ご家庭のルールやしつけ方針を改めて意識することも大切です。「YouTubeは1日3話まで」「ゲームは1日20分」など、きちんと数字に落とし込んだルールにしていきましょう。

何歳になっても、ママはいつでも“安全基地”です。子供たちはいきなり巣立つのではなく、巣に戻る回数を徐々に減らしながら、成長します。子供たちはまだまだ巣に戻ってくるものだと、心構えをすることが大切なポイントなのかもしれません。 

参考記事
悪魔の3歳児?! 3歳反抗期のイヤイヤへの対処法
『4歳児は天使』の誤解?! 反抗期や癇癪の心理と対策

 

子育ては幸せな瞬間を見つけながら乗り切ろう

子供の癇癪期は約2年!幸せな瞬間を見つけながら乗り切りましょう

子供の成長は何よりも幸せを感じる瞬間…!

人を叩いたり物を投げたり、「なぜそんな事をするの」と怒りたくなりますが、癇癪の原因はその行動の裏に「メッセージ」があるからです。そんなことが分かっていても、毎日続けばストレスが溜まるのも当然です。

大人しい子を見れば、なぜうちの子は?と泣きたくもなることだって普通のことです。子供の癇癪は一般的には、言葉がまだ自由にならない幼少期によく見られ、3歳を過ぎると減っていくもの。パパとママにとっては大変な時期ですが、子供が大きくなったときに思い出として笑って話せるような日が来ます。

子供の癇癪に悩まされつつも、日々の我が子の愛らしい笑顔や無垢な寝顔、いろいろな事ができるようになる成長した姿には、言葉では表せない幸せを感じるのではないでしょうか。そんな喜びも感じながら、上手に乗り切りましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。