2歳児との買い物って大変!

魔の2歳児とのお買い物でイライラしないコツを紹介

スーパーは誘惑たっぷりのキラキラした空間です。

楽しいはずの買い物が、苦痛……。ママの悲痛の声をよく耳にします。2歳といえば自己中心的な月齢。カートに乗りたがらない、勝手に歩き回る、欲しいものを握り占める等は、ある意味とても自然な姿ともいえますが、お付き合いするママは大変ですよね。

そもそも、スーパーは子供にとって刺激の強い場所。大きなアナウンスの音や音楽、子供の目線に陳列されたお菓子たち、照明も強いですし、試食コーナーの良いにおいも漂ってきます。スーパーは五感の誘惑に満ちた場所なのです。

ただでさえ好奇心旺盛な2歳児が、誘惑のたくさんあるスーパーで、急にお利口になるわけないですよね。
 

2歳児にもお買い物を練習する時間が必要です

大きくなれば上手に買い物ができるようになるのか?というと、ある程度時間が解決するものもあるかもしれません。しかし、その間「ぐずれば買ってもらえる」「スーパーでかけっこしても良い」等の変な習慣をつけてしまうのは避けたいですよね。

そうならないためにも、「買い物の練習」をしてみるのはいかがでしょうか?上手に買い物ができる体験を積み重ねることで、スーパーでのマナーやママとのお約束をしっかり守れる子になります。

   

「買い物の練習」ってどうやるの?

「お買い物」の練習をして、「できた!」を積み重ねてみませんか?

「お買い物」の練習をして、「できた!」を積み重ねてみませんか?

やり方はとてもシンプルです。子供と事前に約束をし、守れている間だけ買い物をするというもの。

ママとのお約束は具体的に言うと、かごはママと一緒に持つ、カートに乗る、歩く時はママと手をつなぐ、触って良いのは買うものだけ、スーパーの中では小さい声で話す等があげられます。子供の姿に合わせて、約束を一緒に決めてみるのも良いでしょう。

大切なのは、成功体験なので、初めは買うものを一つから始めてみましょう。そしてママとの約束を守って買い物ができた時には、大げさなくらいに褒め、「できた」感覚を印象付けてあげてください。

守れなかったら一旦中断。再度約束を確認してから、買い物を再開します。約束が守れないようなら、その日のお買い物はおしまいにしましょう。
 

本当に必要なものは、確実に手に入れるように意識する

子供の「お買い物の練習」をするためには、ママのストレスを最小限にすることが大切です。そのためにも、必要なものは確実に手に入れる方法を見つけましょう。旦那さんのお休みの時にまとめて買ったり、宅配やネットスーパーを上手に利用したりするのも良いですね。これをするだけで、「あなたのせいで、買い物ができなかったじゃない! 」と子供を責めなくて済みます。
 

「お菓子買って!」攻略法:子どもとの約束を忘れない

お買い物に行く前に、今日買うものをしっかりと伝え、「お菓子は買わない」ということを約束してから出かけるようにしましょう。約束が守れた時には、おおげさなくらいに「上手にお買い物できたね! 」と褒め、「できた」という感覚を積み重ねていきましょう。
 

買い物は短時間勝負で

子供が誘惑の中で頑張れるのは、ごくわずかの時間。欲しいものをしっかりとリストアップして、子供がグズる前には撤収が理想的です。

準備はしっかりしたけれど、グズってしまったとしたら、一旦お買い物は中断。スーパーの外に出る、車に戻るなどして、ママと話ができる空間を作ると良いでしょう。大泣きしている、グズリがとまらない場合には、潔く買い物は中止。「ま たチャレンジしようね!」で帰宅しても良いでしょう。

この時期の子連れウィンドウショッピングは少しお休み。子供の「買い物の練習」に集中してみるのはいかがでしょうか?もちろん、ママのお買い物はパパに協力してもらって、しっかり楽しみましょうね!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。