2歳児との買い物って大変!

買い物する女性

スーパーは誘惑たっぷりのキラキラした空間です。

楽しいはずの買い物が、苦痛……。ママの悲痛の声をよく耳にします。2歳といえば自己中心的な月齢。カートに乗りたがらない、勝手に歩き回る、欲しいものを握り占める等は、ある意味とても自然な姿ともいえますが、お付き合いするママは大変ですよね。

そもそも、スーパーは子供にとって刺激の強い場所。大きなアナウンスの音や音楽、子供の目線に陳列されたお菓子たち、照明も強いですし、試食コーナーの良いにおいも漂ってきます。スーパーは五感の誘惑に満ちた場所なのです。

ただでさえ好奇心旺盛な2歳児が、誘惑のたくさんあるスーパーで、急にお利口になるわけないですよね。

2歳児にもお買い物を練習する時間が必要です

大きくなれば上手に買い物ができるようになるのか?というと、ある程度時間が解決するものもあるかもしれません。しかし、その間「ぐずれば買ってもらえる」「スーパーでかけっこしても良い」等の変な習慣をつけてしまうのは避けたいですよね。

そうならないためにも、「買い物の練習」をしてみるのはいかがでしょうか?上手に買い物ができる体験を積み重ねることで、スーパーでのマナーやママとのお約束をしっかり守れる子になります。

次ページでは「買い物の練習方法」を、詳しく紹介します。