パート復帰が3年後でも住宅ローン返済に影響はありませんでしょうか?

仕事復帰とローン返済のバランスを診ていただきたいです

仕事復帰とローン返済のバランスを診ていただきたいです

 
◆相談内容
「繰り上げ返済を少しずつし、住宅ローンの残りは現在2320万円。今後500万円の繰り上げ返済をし、夫が60歳でローンを払い終えるようにしたいと思っています。ただ、次女が1歳になった段階でパートを再開する考えでしたが、長女の夜泣きが多くなり不安定なのと、私の体調がまだ回復してないこともあり、長女が小学校に慣れ、次女が2歳か3歳になる頃までは、育児に専念しようかと考えてます。
 
パート復帰を先延ばししても60歳でのローン完済が可能か診ていただきたいです。あとやはり正社員で働いたほうがいいのでしょうか。

パート復帰の際には、雇用保険、社会保険を払える年収160~180万円程度で働き、老後年金に備えたいと思ってます。また住宅ローンの借り換えも検討してます。某ネット銀行では変動金利が0.42%程度でしたが、借り換えでのリスクはありますでしょうか」
診断を希望される方はこちらのリンクからご応募ください(相談は無料です)


【編集部からのお知らせ】
オールアバウトでは教育に絞った家計のシミュレーション診断も行っております(相談は無料です)。診断希望の方はこちらのリンクよりご応募ください

◆相談者/さわさん(37歳女性・専業主婦・既婚)
家族構成/夫39歳会社員 子5歳、0歳
住まい/三重県

◆現在の家計収支の状況
手取りの月収  夫30万円
ボーナス年 100万円 


毎月の支出 約28万円
・主な支出の内訳
住居費 8.4万円  
食費(外食費込) 3.5万円
光熱費 2万円
通信費 1万円
趣味・教養・娯楽費 1万円
家族のこづかい 3万円
雑費 1.5万円
教育費 4.5万円
保険料 1万円

貯金総額 300万円
貯蓄その他 
学資保険・長女:400万円+18歳時夫の親から500万円。次女養老保険300万円
退職金:65歳から15年間、月約8万円

 

3年後に年180万円のパート復帰をする想定で60歳完済をシミュレート!

お子さんが小さいと子育てのご苦労が多いですよね。とはいえ、お子さんの成長は苦労を通り越して楽しみですね。結論から先に申し上げます。今は子育てに専念されても、基本的にはご希望どおりの60歳完済が可能となります。安心のため、確認するというスタンスで一緒にシミュレーションしていきましょう!

今回は、いただいた家計の収支状況を元に、3年後に奥様がパート復帰(年180万円)する想定で、今後20年間のキャッシュフローを計算してみました。
 
また、教育費は子ども1人1350万円と仮定。(文部科学省「子供の学習費調査」平成28年度、日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」平成29年度より)。高校までは公立、大学については公私・文理系を特定せずに平均的な金額により計算しています。

※収入と基本生活費は変わらないものとします。また物価上昇や運用利回りの変動率をゼロとしています。

◆現在の住宅ローン条件
ローン残額:2320万円
ローン残期間:26年  金利:0.975%変動
  5年後 10年後 15年後 20年後
収入合計 664 664 652 640
支出合計 384 421 543 485
年間収支 280 243 109 155
貯蓄残高 1533 2829 3580 4182
ローン残高 1836 1410 962 493
 
20年間のキャッシュフロー目安

20年間のキャッシュフロー目安


※単位は万円。調整・予備費として年50万円を支出に計上しています
 

60歳完済は「かなり現実的」。ローン借り換えの際の注意点は?

一般的に、お子さんの大学入学時のタイミングで収支がマイナスとなり、貯蓄を取り崩さなければならないケースが散見されます。
 
これに対し、さわさんの家計では、学資保険やご主人の親からの贈与などを含めないシミュレーションであっても、終始プラスを維持される優秀な家計といえますね。

今後、500万円の繰り上げ返済を予定とのことですが、経過年数20年後の住宅ローン残債が493万円ということからも明らかなように、あくまで概算とはなるものの、3年後にパート復帰(年180万円)する想定であれば60歳完済はかなり現実的といえます。
 
なお、借り換えの際の注意点としては、新規で融資を受けた時と同様に住宅ローン手数料をはじめとした諸費用がかかるということです。
 
もっとも、さわさんの場合、住宅ローンはすでに金利0.975%と低いですが、残債2000万円以上、残期間20年以上あることから、諸費用を考慮したとしても借り換えのメリットがあります。是非、ご検討ください。

【そのほかの住宅のお金診断をみる】
ローン残高2350万円。一括返済と早期リタイアのどちらも希望しています
35年ローン5400万円。繰り上げ返済と第2子どちらも希望しています
31年ローン2400万円。10年で完済を希望も投資でマイナスが……
35年ローン2440万円。2年後に繰り上げ返済を希望しています
4500万円の住宅購入を希望しています。33歳子ども2人・手取り年収600万円世帯
価格3600万円、頭金800万円で住宅購入を希望。32歳で第2子も考え中です

 

リフォーム費用をしっかり想定! 正社員になるに越したことはないですが…

100年時代に住宅は一生の買い物というわけではありません

100年時代では住宅は一生に一度の買い物というわけではありません


さわさんの家計の場合ですと、パート復帰が3年後であっても、60歳完済が現実的です。ただし将来的なリフォーム費用の予算取りはしておきましょう

お住まいの住宅の築年数にもよりますが、「人生100年時代」であればなおのこと「住宅=一生に一度の買い物」ではなくなってくるため、住宅に関する資金として、フルリフォームや建て替え、住み替えも必要となるケースも出てくるかと思われます。
 
なお、パート復帰に関して、時給にもよりますが、パートで想定金額を得ようとすると、一般的には長時間労働が強いられることも予測されます。そのため正社員となる選択もありますね。

一方、お子さんとの時間を重視するのであれば、正社員勤務よりも、柔軟な働き方を選択したほうがいいかもしれません。余裕のある家計だからこそ、選択の幅が広がるかと思いますので、今一度、収入の確保や老後の準備と子育てとのバランスについて、再考いただければ幸いです。

※診断結果はあくまでも現在の家計状況からの概算です。将来を保証するものではありません。

■お金の無料相談、無料診断を受付中です。お気軽にご応募ください。
・お金のお悩み全般はこちら
『マネープランクリニック』
・住宅購入や住宅ローンの試算はこちら
『住宅のお金シミュレーション診断』
・教育のお金に関する試算はこちら
『教育のお金シミュレーション診断』
 

 


解説・キャッシュフロー表作成 
大島浩之

住宅ローンを切り口に、ライフプランニングを提案するCFP。上智大学文学部新聞学科卒業後、大手ハウスメーカーや不動産業者などを経て、現在では、FP試験の講師を務める傍ら、住宅ローンを切り口に、住宅購入をはじめとしたライフプランニングの相談を受ける。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。